2007年01月13日

桃井の家、上棟

isibashitei01.jpg今日は晴天、上棟の日。
桃井の家は、地下と1階がコンクリート打ち放しで、その上に木造が乗る構成。
高さ4Mの壁だけが立ち上がる工事は大変だったけど、やっぱりそのスケール感は圧巻。
それが木造部が乗る事で、よりダイナミックな雰囲気となった。
そんな中で行われた上棟式は、ご家族の希望で初の神主さんを呼んでの式となった。
祭壇が建てられ、空間のボリュームもあるので、ちょっと神秘的な雰囲気。

初めてだったけど、上棟式に神主さんを呼ぶのもいい

posted by 西久保毅人 at 00:00| 2007年の気づきとカンサツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする