2012年09月12日

岡崎の場合

昨日は、ちょーど、これから始まる小川さんの家のプレゼンで、
すっかりサッカー見るの忘れてました、、、、。

2733.jpg

勝ったコトだけ知ってたんですが、今日の日経新聞のスポーツ欄に
岡崎について、こんな事が書いてありました。


「相手がきたので瞬間的に判断した」という左足のアウトのボレーのクロス。

 エネルギッシュな動きに突如、挟み込まれる華麗な技が、

 岡崎の場合、
 落差となって意外性を生む。


2734.jpg

見た訳じゃないんですけどね、、、、、。

何を思ったかって、ゼンゼン別のコト。
2732.jpg

ああ、こんな風に褒められる仕事がしたいな、、、、と。

こんな評され方が、僕の理想だなぁ、、、、素敵だなぁ、、、と。

2735.jpg

ケンチクは「静的」な仕事のようで、
意外と「瞬間」の判断が、実は良しあしを決定づける仕事だと思います。

現場でも、打ち合わせでも、カメラのシャッターを押すにしても。

サッカーの試合のように
流動的な中に、決定的な瞬間が潜んでいます。

その一瞬が、いつきてもいいように神経をはりめぐらせつつ、
最後は絶対に頭で考えない事。

2736.jpg


そして、とにかく、無駄に、誰よりも動き続ける事。
動きの量で、まずは圧倒する事。

2737.jpg

そして、その落差が、思いもしなかったハッピーな世界につながっていくように。


カッコいいデザインですねー、とかセンスいいですねーとか、
おしゃれー、とか、ざんしんー、とか。。。。
そんな事を言われたいとはちっとも思わないけれど、
こういう「選手」にはなりたいなー、って心から思います。


やっぱ、スポーツだな、、、。


と、そんな訳で、今週末、
「尾曲さんの家」のオープンハウスなのです!!!!!!
posted by 西久保毅人 at 23:41| 2012.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする