2012年05月12日

久しぶりに

2458.jpg

先日、久しぶりに坂田さんちへ行ってきました。

2459.jpg

完成した頃は小さかった木達が、日当りのいいせいか、
驚く程大きくなって、コンクリートのはなれがちっちゃく見える程、、、。

2460.jpg

そうそう、そういえば、エクスナレッジから出版された
「最高に心地いい住宅をデザインする方法」

って本に、坂田さんちを掲載して頂いたんですが、
その本に、こんな坂田さんちのエピソードを書かせて頂きました。

2454.jpg

、、、、、、、

「もし地震があったら、坂田さんちのあの、コンクリートの固まりに逃げなさいね。
、、、、、なんか、この通りで一番、安全ぽいから。」

3.11の震災後、ご近所では、子供達にそんな話をされていると聞きました。

2461.jpg

住宅は個人のものでありつつ、街にも愛されるものでもあって欲しい。

その両方を実現できたら、住まい手は、敷地の大きさなんか忘れちゃうくらいに、
本当の意味で最高に快適な生活を獲得できるはず。

坂田さんのご希望を実現するプロセスで、そんな事を同時に考えた住まいです。

2462.jpg


、、、、と、そんなコトを書かせて頂きました。


ケンチクは、作るプロセスよりも、完成してからの方があきらかに長い存在です。
だから、そのケンチクを誰が設計したのかなんて、
気になるのは設計中とか、何かに発表されるときくらい。。。。

、、、、あとは、
「あーあ、、、また扉動かなくなっちゃった、、、、ニシクボさんに文句言おう!、、」
て時くらい、、、(汗)

2463.jpg

それ以外の大抵の時は、どうでもいいコトですし、
だまーって、街にたたずんでいるのがケンチクです。


だからこそ、
だまーって、街にたたずみながらも、
ちょっとだけ街を豊かにしたり、子供達の記憶に残る風景になるといいな、、。


2464.jpg

そんなヨケイな事を、いつも考えます、、、。
posted by 西久保毅人 at 22:19| 2012.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする