2012年02月25日

色つながり

2230.jpg


晴天の先日、
世田谷区で工事中の「山内さんの家」のコンクリート打ちでした。


2233.jpg

しかし、何度立ち会っても、
コンクリート打ちの風景は、佐賀の有明海の干潟のキオクを思い出させます。
これで、コンクリートが磯の香りだったら、そのままなんですが、、、。

2231.jpg

だからという訳ではないんですが、
やっぱり泥臭いコンクリートの現場は大好きで、特に山内さんちは、三階まで
打ち放し仕上げ。
天気にも左右されちゃう事もあるので、まだまだ緊張は続くのです。


2232.jpg

さて、今回工事をお願いしているのは、株式会社 青 さんという、色の名前がついた会社です。
なんとなく、工務店と言うと、年配のおっちゃん達がやってるイメージなんですが、
青さんの社長さん達は、なんと僕たちよりも若い珍しい工務店さんなのです。

2229.jpg

でも、若いけれども、逆に熟練のおっちゃん達が省略しがちな手間を惜しまなかったり、
伝統的なやり方を重んじたり、、、、、ととても新鮮な感じがします。
むしろ、おっちゃん達の方が、常識に縛られちゃうのかも知れませんね。

2235.jpg

今回感心したのは、コンクリートを竹で突いて閉め固めてくれていた事。
これは、版築の壁とか、電動工具がない頃の、コンクリートの閉め固め方で、僕も現場でみたのは初めて。
大抵の現場は、電動のバイブレーターという振動機だけなのです。


理由を聞いてみたら、
バイブレーターはバイブレータでよい面もあるけれど、欠点もあって、
やっぱり垂直に突く、という事をしないと、すみっこまできちんとコンクリートが行き渡らない
事があるんですよ。。。。。。とのコト。

今の時代に、まっさかーっ、って言う人もいるかもだけれど、
型枠はずすまで仕上がりが分からないコンクリートなんて、
所詮こんなもんだよって、、、姿勢じゃなく、
特にこういう、自分達が信じたやり方をきちんとやる、っていう姿勢はとても
素敵だと思うのです。


2236.jpg

さて、そんな青さんに、ちなんだ訳ではないんですが、、、、、

色つながりなだけですが、
カラフルなニコのNEW名刺が完成し、もうすぐお披露目。

1人あたり、好きな色をだいたい2色。
全員で、だいたい14色。


2237.jpg

青さん同様に、事務所で印刷してイマドキ、手作りかよ、、、、、と言われちゃいそうなんですが、

すみません、青さんみたいに伝統を重んじる訳ではないんですが、
超アナログの全て手作り、しかも色違いになっております。。。。。


全色集めても、特に商品はないんですが、
時々、プレミアカードが入っているかも??

名刺も、言っちゃえばたかだか名刺ではあるんですが、
渡す方も、もらう方も、楽しい名刺になるといいなぁ、と思っています。


ちなみに、青さんの名刺は、きれいなブルーなのでしたよ。
posted by 西久保毅人 at 01:35| 2012.1月〜3月のの気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする