2012年01月14日

うらがわ

今年は、現場盛りだくさんの一年になりそうなニコ設計室。

おおざっに考えると、穴掘って、基礎つくって、上棟して、仕上げて、、、、って、
建ものを作るプロセスは、何十件目でもだいたい同じなのかも知れませんが、
僕にとっては一軒一軒全然違って、いつも新しい発見があります。


写真は、吉川さんの家の仕上げのうらがわ。

2144.jpg

表側が杉板の仕上げなので、まだ仕上がっていない裏側が見えてるんですが、
うらがわが、意外ときれい。

こういうの見ちゃうと、

「あぁ、、塞ぐのもったいないなぁ、、きれいだなぁ、、、このまま仕上げでいいじゃん。
このままの方が、いいじゃん、むしろ、、、。」

と相変わらず思ってしまいます、、、。

、、、、、、だめ?

2146.jpg

これは、出口さんち。
そういう現場の途中の醍醐味を、一番楽しんでいるのは、実は大工さんかも知れません。
こういう、何げなーく、柱のすき間にほうきとか掛けてあると、

「そうだよなぁ、、こういういう風に使った方が楽しいよなぁ、、、。」

そんな事を、いちいち考えてしまいます、、、、。


もう、正直、こういうのは、自分でも病的だと思うし、
誰もまじめには相手にしてくれないんですが、
いいなぁ、、って思うのはしょうがないのです、、、。

2147.jpg


これは鴻巣さんち。
お昼ごはんだってさ、
やっぱ、上棟の日は、現場で食べるのが何より美味しいんだろうなぁ、、、。


2148.jpg


頭で考えてても、大したコトは浮かばないけれど、
頭で考えることなんて、大したコトはないんだけど、

現場には、素敵なコトがたくさんあふれています。


設計って、ある意味、

「どこで止めるか?」

っていう決断の仕事でもあるのです。

じつは。
posted by 西久保毅人 at 01:15| 2012.1月〜3月のの気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする