2011年10月23日

平部さんの家の2年後

先日、2年前にお引き渡ししました、平部さんの家に久しぶりにうかがいました。

1970.jpg

設計中の仕事ももちろん大切ですが、

お引っ越し後、どう住まわれているか?
お子様達の成長で、暮らしぶりがどう変わっていくか、、、?

むしろ、それを見せて頂きたくて、一生懸命設計をしているようなものなので、
ドキドキも半分、いつもとても楽しみです。


1973.jpg

洋服を着こなすように、
家も、時間が建つうちに、住みこなされていきます。

いつもそうですが、とても大切に住んで頂いている御様子で、
もう、まさに「平部さんの家」。


そうそう、そういえば、
家をほめる言葉ってたくさんあって、カッコいいね、とか、空間構成がどうちゃら、、、とか、
都市住宅としてどうのこうの、、、、とか、、。
いろんな言われ方をしますし、設計者としても、どう誉められたいか?っていうツボがきっと
それぞれあると思うのです。


ケンチクに限らず、モノを作る人は、きっとそれぞれにあるでしょう。


僕は、ですね、、、、


「おお、、、、まさにこれは、家だ。」


っていうのが、僕が目指している最大の賛辞でして、、、、、。


なので、ホント、

「おお、、、まさにこれは、だれの家でもなく、平部さんの家だ。」

って思える家になっていて、とても嬉しかったです。


1971.jpg


みんなで塗った子供室も、色とりどりのモノ達の背景として、
とても素敵でした。
めちゃくちゃ可愛い彩りの子供室にしていただいていました。


1972.jpg

さてさて、
久しぶりに、興味津々のソウタくん。
住むうちに、いろいろ子供なりに思う事があるようで、


「、、、ねえねえ、西久保さん。

なんで、ぼくんち、ナナメで、サンカクなの??」

とのコト。


1974.jpg

雑誌の質問でもそうですが、
時間が経って、急な質問はニガテです、、、、。



「、、、ええとねぇ、、、忘れた。」



と、とりあえず、宗次さん風に、、、、。


posted by 西久保毅人 at 02:29| 2011.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする