2011年06月11日

同郷

先日、ひさーしぶりに、千綿偉功くんの歌を聴きに行ってきました。
今回は、青山の曼荼羅というライブハウスです。

まぁ、「くん」つけるのも気持ち悪いけれど、トウキョウで頑張る 佐賀西高校の同級生。

1688.jpg

今回は、たまたまだったけれど、何となく、年に一回は彼の歌声を聴きたくなります。
男一匹の「うたうたい」として、日本国中回っているので、
聴きたいなぁ、、って時にはなかなかトウキョウにいないんで、ラッキーでした。


ホームページ見ると、ちょっとオシャレな、か細い印象を受けると思うんですが、
どっちかって言うと、ま逆で骨太な、僕以上に佐賀を愛する佐賀県男児です。


ライブでも話してたんですが、
もう、かれこれ、トウキョウに出て来て、20年。

20年かぁ、、、、、、。


20年。

長いなぁ。。。。
でも、だからこそ、いーっさい変わらない彼の事を、
僕は本当にすごいと思うのです。。。。


1689.jpg

特に、独立してからかな、
よけいにスゴいなぁ、、、って思うようになりましたし、
妙に意識するようになりました。応援すると共に。

たかだか、僕なんか、独立してからまだ10年。


千綿の場合は、もう、高校卒業した時から、
音楽一本で生きるって決めて、もう20年。
もしかしたら、もっと前から、決めてたのかも知れないけれど、、、。

1690.jpg


大好きな事をやってて、喜びが大きい分だけ、
迷い、絶望、苦しみ、、、、、、いろーんな事があったんだろうな。


生業としてやるって、そういう事なんだから。。。

でも、衰えるどころか、彼の歌声は、聴くたんびに、厚みや深みが増している気がします。


オンガクってスゴいね。
歌ってスゴいね。
大好きだって言うコトは、ほーんとに、にスゴい事だね、、、、。


久しぶりに聴いて、
恥ずかしながら、ちょっと涙が止まらなくなってしまいました、、、、。


1685.jpg


20年前、
彼の歌を聴いた時、
その歌声や声量もすごいんだけど、何より

なんて幸せそうな顔して歌を歌うんだろう、、、。

ってことに、ちょっと唖然としたのを、今でも覚えています。
こっちまで幸せになっちゃうような笑顔。

なんなんだこいつは、、、、、。

もしかして、天才っていうのがいるとしたら、大好きな事をやってる時の、
幸せそうな顔のコトなのかもなぁ、、、、。

そんなコトを、思いました。



だから、負けないぞーっと思う。


誰にかって??

千綿に。

なんの分野で??

ええと、、、、、ケンチクで。


まぁ、同じようなものだと思うので、、、、、。













ただ、、、、
オンガクでも負けませんよ、、。

、、、まぁ、ニコのオンガク担当は僕じゃありませんけど、、、、。

1691.jpg
posted by 西久保毅人 at 17:05| 2011.4月〜6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする