2011年05月13日

落書き祭り

いよいよ着工する尾崎さんの家。

先日、着工に先立ち、解体前のおうちにお邪魔しました。

1626.jpg

いやー、
なんでも楽しむって、素晴らしいなぁ、、、、、と思うのですが、


1628.jpg

解体前の空っぽの家をキャンパスに、
子供達の落書き祭りが行なわれていました。


1631.jpg

たしかに、たしかに、
こんなコトできるのって、解体前しかないですよねー。


1629.jpg

どうしても、新居の方に気が移ってしまって、
解体前のおうちは、どうも役目を終えた寂しい感じが、いつもするのですが、
最後に、子供達に、こうして絵を描かせちゃうなんて、
家も、ここまで愛されたら、本望だなぁ、、と思いました。


1632.jpg

家は、モノだから、結局寿命があって、いつかは消えて無くなる運命です。
これから、作る新居だって、いつかはそう。

ケンチクは残るからいいねって、言われますが、実はそうではない。


1627.jpg

でも、キオクは消えないです。
きっと、この子供達が、大人になって、自分の家を建てる事になった時、
じゃあ、最後に皆で落書きしちゃおうかって、なるかもだし、
そのまた子供が、家をつくる時にも、

「尾崎家では、代々、解体前には、落書きパーティーをする事になっててね、、、。」

なんて。


1630.jpg

無くなる前の、ほーんの一瞬の出来事。

数日しか存在しない落書き。


残らないから、残る、というコト。


音楽のよう。
祭りのよう。

尾崎パンのよう(笑)

posted by 西久保毅人 at 02:53| 2011.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする