2011年03月27日

ひ・さし

ISANAには、小さなひさしやベンチのように、建ものから突き出したモノが、
たくさんあります。


大抵、僕が、街を歩いていて、「おっ、いいな、素敵だな。」と思うものは、
なぜか、大抵、突き出しているのです、、、。


1567.jpg

突き出るって、言葉は、なんか、暴力的ですね。

でも、実際に、建ものから突き出した、ひさしや、軒や、ベンチや、、、、そんなしつらえは、
逆に、やさしいと言うか、親しみやすい感じがします、、、。


そんなコトを、ちょうど今日考えていて、庇(ひさし)の語源て、なんだろう、、?
って、ふと思いました。

ひさし → 日・射す → ひ・さす → さす? 、、、、、さしだす?


1566.jpg

ホントの事は知りませんよ。
あんまり、ホントの事に、興味ないタイプなんで、、、、。


でも、ひさしの、さし、って、さしだす、かもなぁ、、、とちょっと確信しました。


調べるの、苦手なんで、調べませんが、きっとそうです。

1564.jpg

さしだす。


ようは、自分のものを、他人に分け与えるコト。


分け与える訳だから、「減る」訳ですよね。


「減る」って、ことは、「損する」訳ですよね。


「損する」訳だから、「ムダ」ってコトですよね、、、。


1563.jpg


でもね、
そういう、「さしだされた」デザインや街の小さなしつらえに触れると、
なんか幸せになりますよね。

下町とか、、、、。

それは、ケンチクでいうと、内部の生活のためには、全然関係ないしつらえだからではないでしょうか?

外部のためのデザイン。

外部って言うのは、人もそうだし、ネコや、イヌや、植木や、鳥や、雨や、風や、光や、、、、そんなモノたち。


1565.jpg


そんなモノ達への、ちょっとしたしつらえ。

そんなモノ達へ、ちょっとだけ「さしだす」というコト。

「さしだす」から、「損して」「ムダ」で、「減」ったかわりに、
たくさんのモノ達が、寄り集まり、守られ、幸せな気分になります。


「さしだした」もの以上に、「獲得」するもののほうが、ゼッタイに多いのは、
これは、もはや、算数では、表現できません、、、、。


1568.jpg


例えば、これから、被災地で住まいを失った人達、
放射能で、産まれた場所を離れざるをえない人達が、

縁もゆかりもない場所で、
見ず知らずの人の中で、不安な生活を始められるでしょう。
悪夢と、不安から、解消されるのに、どれだけの時間がかかるでしょうか?


ケンチクが、できる事の一つは、
どんなに小さくても、さしだすデザイン。


ちいさな、ちいさな、ちいさなしつらえ。


それは、きっと、外をつつむかたち。



20世紀の日本のケンチクが、捨ててきた かたち。




posted by 西久保毅人 at 00:45| 2011.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする