2011年03月17日

ISANA(いさな)オープンハウスします!

東京都武蔵野市に、「ISANA(いさな)」と名付けたれた、7つの住戸による長屋形式の賃貸住宅が完成しました。


つきましては、今週末、オープンハウスをします。

1533.jpg

東日本大震災の直後であり、明日の事も分からない不安な時期です。
被災地におきましては、多くの命が失われ、いまだ救助を待つ多くの方々が、寒い夜を過ごされています。
本当に、一人でも多くの命が、救われますように。


そして、関東、東京近郊でも、いまだ余震が続き、放射能の影響についても、
我々に伝えられる情報の

何が、どこまで本当なのか?

不安な毎日を過ごしています。


スーパー、コンビニの買い荒らされた閑散とした売り場だけが、
なぜか、真実を伝えているような、そんな気もします。

1535.jpg


開催に際しましては、迷った末の決断ですが、
こんな時だからこそ、一歩でも前へ、と思うのです。



ISANA(いさな)は、中庭を囲んだ小さな7つのおうちの集まりです。

森でもなければ、おそらく小さくはなり得ないだろう、、、という想定されたボリュームに対して、
オーナーの下窪/バシストさんから、いただいたイメージは、

「森の中の小さな家」

でした。

そんな言葉を定規に僕らが作り上げたのは、
小さな家が肩を寄せ合って集まったような、緑あふれる街のような場所。

街を取り込み、引き込むようなプランと、街に手を差し出すような、小さなしつらえ。

ここに住む人、下窪/バシストさん、街の人、みーんなにとって、

「みんなの場所」

と呼べるような、外部空間が主役の家です。


1534.jpg


当日の状況はまだ分かりませんが、少しでも事態が好転し、現地でお会いできるのを楽しみにしています。


僕は、終日、現地にいる予定です。

僕らが初めて作らせて頂いたこの「みんなの場所」で、
いいコトも、わるいコトも、不安なコトも、ぜーんぶ含めた「これから」について、
ISANAを感じて頂きつつ、集まった皆で、少しでもお話をできる機会になれば、幸いです。





相変わらず、タカギプランニングさんにて、入居者も募集中です!



ちなみにISANA(いさな)は、バシストさんの母国インドの、ヒンディー語。

シバの神様を現す言葉です。
「北の方角と、東の方角を連結させる」北東の方位を表す言葉。
インドでは、北は、ヒマラヤの方を指し、神聖な方位。
東は、日が昇る場所。










posted by 西久保毅人 at 01:11| 2011.3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする