2010年09月30日

泉水さんの家

そういえば、先週末、
かれこれ4年前に完成した「泉水さんの家」の雑誌の取材がありました。


1263.jpg

泉水さんの家は、これまでも何度か取材させていただいたのですが、
4年の月日の間に、当時、まだ小さかったお子さんも、なんだか少年になり、
新しい赤ちゃんも産まれ、、、、、。

家の味わいとともに、暮らしぶりも味わいが増していました。

そうじゃない場合もありますが、
ニコに訪れるご家族の多くは、小さなお子様のいらっしゃるご家族が大半です。

うちの子達が、デカくなるように、
設計させていただいたおうちのコドモ達も、大きくなっていきます。


高校生が社会人になったり、
赤ちゃんが小学生になったり、
受験勉強をするようになったり、、、。

まだ結婚はないなぁ、、、、なっちゃんが一番かな?
、、、と親戚の親父のような気分。。。。


家そのものは変わりませんが、
その中で育つコドモ達は、確実に大きくなっていきますね。


そういう変化を時々訪れて、感じられるのはとても幸せな事で、
どっちかって言うと、セッケイそのものよりも、
実は、その方が、僕が楽しみにしている事でもあります。


正直、時々、訪れたいために、設計しているようなもの。
そしてその時が、僕にとっては一番の勉強の時間。

どう使われて、どう古くなり、どこが壊れて、どこが使いにくいか、、、、、。



まぁ、当の本人のコドモ達にとっては、どーでもいいコトなので、
完成当時、あまりに小さいと、

「、、、、覚えてる? ボクの事?」


「、、、、誰?あんた。。。。ひとの家にずうずうしく上がりこんで、、、、。ナニ様?」


「えぇとですね、、、、、にしくぼさま。。。。。」


「、、、、ふーん。。。。。。。 で? 」


、と、そんな感じの冷たい視線を浴びるコトも、ままありますが、、、。



さて、泉水さんち。
とっても小さなおうちなのですが、よくこんなに上手に住めるなぁ、、、
と、感心しちゃうくらい楽しく住みこなして頂いていました。



住みこなす。

着こなす。


どちらも好きな言葉。

服がかっこいいとか、顔がキレイとか、そういうんじゃなくて、


似合ってるってこと。
ピッタリだということ。



posted by 西久保毅人 at 23:44| 2010.7月〜9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする