2010年09月01日

鷲巣さんの家オープンハウス

先日の日曜日は、「鷲巣さんの家」のオープンハウス。


1218.jpg

暑い中、たくさんの方にご来場頂きありがとうございました。


鷲巣さんの家。
1219.jpg

ちょっととんがってますが、佐賀のヤンキーではありません、、、。


1217.jpg

まぁ、いろんなコトを真面目に考えた訳ですが、「考えた」っていうコトが正しいかどうかは、今となっては
遠い昔。

1220.jpg


ちょうど、一年程前のコトです。
鷲巣さんから連絡をいただいたのは。


1221.jpg


鷲巣、というナマエから、どうやら「鳥類」だ、というコトくらい、
僕にだって分かりました。


1222.jpg


そして、一緒に一枚の絵が送られて来ました。


1235.jpg

そこには、たくさんのイメージや言葉が記されていました。


1223.jpg

「むむ。これは、シロートの仕業ではないな、、、、。」

1224.jpg

自分では描けないとはいえ、そういうところは分かるのです。
分かったからとはいえ、真面目に見るタイプではないのですけど、、、。


1225.jpg

ようするに、ナニが送られてこようと、ジブンに都合がいいように見るだけです。


1226.jpg

実際、絵よりも、まわりにちりばめられたたくさんの言葉が気になりました。


1227.jpg

夢←→現実   空←→家

1228.jpg

社会←→家   世界←→自分

1229.jpg

光合成  ハンモック  あばたもえくぼ

1230.jpg

シンプルオフロ  シンプルトイレ  などなど。

1231.jpg

実は、いくつかの案を御提案したのですが、この案は、笑い飛ばされちゃうかな、、、、と
半分くらい思っていました。もちろん僕は大真面目でしたけど。

そして、選ばれなかったら、誰かにこのプランを提案する事は二度とないだろうな、とも思いながら。

1232.jpg

割と即答でした。

「、、、よし、僕はもう決まった。つんつんしてるのも含めて、このとんがりで!」


1233.jpg

その後だったのです。

鷲が、ホントはカモメだって教えてくれたのは。


いや、鷲がカモメでもある、という方がが正しいかも知れません。


、、、、まぁ、どっちみち鳥類に違いはない訳ですけど、
絵とコトバを自在にあやつる鳥のエネルギーに、僕らもたくさん影響をうけました。

あやつる?

イヤ違うな。

あふれる。  こぼれ出る。 

そんな表現が似合うカモメの作品。

もしかしたら、産み落とされた卵なのかも知れません。

1234.jpg

さてさて、そんな訳で、オープンハウスには、たくさんのカモメの作品が飾られました。
コドモ達もたくさん来て、とてもにぎやかな一日でした。



この場所からまた、新しいカモメの作品がうまれていくでしょう。

どうやら、屋上で書道が行なわれる、といううわさも聞きました。


家と、家族と、鷲と、カモメと。


全部の未来がとても楽しみです。


posted by 西久保毅人 at 02:27| 2010.7月〜9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする