2010年08月10日

晴れ過ぎ 焼け過ぎ。

二泊三日のサッカー合宿より、無事帰還しました。

、、、、、リンタロウの、です。

外房の銚子のさきの、波崎町っていうのどかな海沿いの町。
というか、予備知識なく、

「合宿ね、合宿、、、、」

という気分でいたので、
バスで、半分拉致ぎみに連れて行かれ、3時間後に到着して
銚子の近く、と知った時に、ちょっとビックリしました、、、、、。


1187.jpg


しかし、まぁ、晴れた晴れた。
日陰一つないグランドに一日いる訳で、
僕は全身やけど気味に日焼けして、ちょっと人に会うのがお恥ずかしい感じ。


まぁ、会う人会う人に笑い者にされています、、、。


1186.jpg

今回のメンバーは、3年生から6年生までと、厚意で来てくれているOBの中高生、大学生、
あとはコーチ陣と数人のお母さん、お父さん達。
特に、5年生は、ノノの同級生の男の子達なので、僕にとってはとても親近感のあるメンバー
でした。


子供達と何も気にせず、汗だくになって、水をかぶって、ただただ走って、
ボールを追いかけて、メシを食って、一緒にお風呂に入って、寝て。


まぁ、言ってしまえば、それだけの三日間。



都会のカッコつけた青々した芝じゃなくて、茶色と緑が半分半分程度の,
ユルーイ感じで管理された芝のグランドが、かえって居心地よかったです。

1188.jpg

ノノがいるから、上級生はどっちかというと、
僕はノノのギャル友しか普段密には接しない訳で、

5、6年生の男の子って、どんなだろ??

って、単純な興味があったんですが、みんなとってもコドモらしくて、
かわいい子達でした。
男の子は、幼いというか、無邪気ですね。
まぁ、お風呂では毛が生えたかどうかが、お決まりの、話題の中心な訳で、、、、、。


よく、都会は地域の付き合いが希薄、って言われますが、
田舎のコドモ達みたいにみんな面倒見もよく、リンタロウも可愛がってもらえていますし、
サッカー部っていう輪の中で、上下隔てなく、じゃがいものようなコドモ達。

いわゆる都会っぽさの、みじんもなくて、いい感じです。

そんな仲間と出会えて、リンタロウも幸せですね。

1190.jpg


僕も、こんなジャガイモ集団に同行させてもらえる機会なんて、
めったにないだろうから、
親としては、ちょっと貴重な経験をさせて頂きました。

小学校の修学旅行に連れて行ってもらったような気分で、これはクセになりそう、、、。

1191.jpg



さてさて、僕はいうと、
さすがに三日間ボールにさわっている訳で、苦手なリフティングがずいぶん上達!!!!


まぁ、披露できる場がなく残念ではありますが、
歳をとってもやればできるもんです。



ムダに、恥ずかしい顔に焼けた訳ではないのでした。。。。



そんな訳で、僕のこれからの毎年の予定に「サッカー合宿」の二文字が組み込まれるコトに
なり、ソラもいるから、あと10年くらいは行けそうかな、、、、?

と、

子離れできない理由が、また増えてしまった今日この頃です。
posted by 西久保毅人 at 23:06| 2010.7月〜9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする