2010年08月03日

ゾウの時間、ネズミの時間、ソラの時間、、、。

昔よんだ本に、ゾウの時間、ネズミの時間ていうのがあって、その中に、「島の法則」っていう理論が出て来ます。

要約すると、天敵のいないシマのような状況に置かれると、
ゾウみたいに大きな動物は、次第に、小さくなっていき、ネズミみたいに小さな動物は、
次第に大きくなっていく、というようなコト。
ポイントは、大きくなったり、小さくなったり、ていうのが大切ではなくて、
ゾウも、ネズミも、本来の適正な大きさに戻ろうとする、という事です。

要するに、ゾウは、本来は、もっと小さくて、ネズミは、もっと大きい、のだけど、
天敵がいる環境では、ゾウは襲われないように無理して大きな体になっていて、
逆にネズミは、早く逃げれるように、無理して小さな体になっている、という様なコト。。。。

なるほどね、天敵のいる環境で、生きるのは大変なのですね。

1182.jpg

さて、前置きが長くなりましたが、子供達を見ていると、この「島の法則」、なるほどなぁ、、
と思うんです。実は。


ちょうど、月曜から、ノノとリンタロウ2人で一週間 おばあちゃんちへ。

そんな訳で、ソラは夢の一人っ子状態。

ソラは生まれた時から、学年イチのデカ女と、エセ亀田の弟として生きているので、
ある程度、虚勢を張らないと生きていけない環境で育っていまして、親も三番目で、
適当に扱っているため、赤ちゃん、という扱いをほとんど受けずに、
大切な、情操教育をかなり、省略されて大きくなっています。

なので、
まぁ、要するに、自分の身は、自分で守る、という
天敵のいるような状況下で、育ってきている訳ですね。


日々、リンタロウにこびを売り、落ちてる小銭を納税し、

ノノには、ヒステリックに、むげに扱われ、、、、、、。


楽しそうに見えますが、よっぽどストレスだったんでしょう、、、、、、。



日頃、気にもしないんですが、、、、、、、、。


ノノと、リンタロウが一週間いないと分かったとたん、、、、。



1183.jpg

このありさま、、、。

もう、あからさまに、ダラーっとした、緊張感のないソラとなってしましました。。。。。


1184.jpg

もう、なんていうか、この解き放たれ感。。。。。。


あまりのあからさまな変わりっぷりは、笑ってしまいます、、、、。



ほっとけば、だんだん小さくなるのかな?



まぁ、とりあえず、ノノとリンタロウが帰って来るまで、こんな感じなのでしょう。

そして、このバカンス中のソラのスケジュールとしては、


「ママと2人で、おんせんに行って、ホテルに泊まる。

 おんせんは、ホテルについてるヤツでも まぁ、いいけど、、、、。」


とのコト。


4才?
posted by 西久保毅人 at 23:14| 2010.7月〜9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする