2010年06月18日

表札

家造りも、工事が終盤になると、
郵便受けやら、表札やらをデザインします。

別に買えばいいじゃん、、、て言われればそれまでですが、
なんか大事な気がしてて、

少しでもその家らしく、
頼んで頂いたご家族らしく、

あれこれと考えます。

前にも書いた通り
あんまりヒノメを見る事はめったにないですが、
訪れる人が、最初に触れるもの、出会うものだからでしょうか?


そう考えると、
セッケイのプロセスにおいては、
なんとなくお寿司のガリのように、家造りをシメるもの。


でも、出来上がると逆に、最初に出会うもの。


そう考えると、気が気じゃなくて、
また、サイズが、ケンチクと違って、原寸で考えられるものなので、
無駄にエネルギーを費やすものでもありますね。。。。。

半分くらいは実現しませんけど、、、、、、。




で、


じゃぁ、そういうお前んちの表札はどうなんだよ、、、、、

って、訳ですが、、、、、、、。


スミマセン。これです。。。。。

1099.jpg

ずーっと、表札、付ける習慣がなかったんですが、
さすがにまったくないと、子供達の友達も多少不便そうなので、
ちょっと前に、木材のサンプルを持ち帰り、

さぁ、たまには父親らしく作ろうか?

と気合いを入れていたら、ちょうどその日が、
まんまと小学校で彫刻刀が配られた日と重なってしまい、、、、、、。

ノノとリンタロウの実験台となりました、、、、。

家族が多いので、皆一文字ずつ。


思いの外、しっくりきたのでそのまま採用。

「そのご家族らしく、、、。」

まぁ、西久保家なんて、こんなもんです。


いないと思いますが、
受注生産品。
興味がある方は、ノノ達にどうぞ御発注下さいませ。



posted by 西久保毅人 at 02:50| 2010.4月〜6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする