2010年06月08日

キソ的な話

タテモノを作る時は、かならずキソ、というのがあって、
その上に木造やら、コンクリートやらの本体がのっかります。

いつの頃からかなぁ、、、、。

僕はキソが気になってしょうがないのです、、、。


よく、キソがしっかりしていれば大丈夫。
キソが一番大事、と言われます。

それは、当たり前の事。

構造的にしっかりする事は当然なんですが、
僕はそれと同時に、

どういう形状のキソを作るか??

という事が、とても気になるのです。。。。。


そうです、実は、あたかも建物の設計をしているふりをしながら、
僕は、キソを設計してきたのです。これまでの数十件、、、、。


キソのかたち。
それは、すなわち、タテモノのかたちであると同時に、

「どういう風に土を残すか?」

を考えることです。

要するに、言ってしまえば、キソを作る事は、
地面にふたをする行為なのですから、、、、。

599.jpg


これはトウキョウ特有なのかなぁ、、、、。

新興住宅地などの建て売りの並ぶ街に出くわす度に、
ホント、がっかりします、、、、、。

小さなシキチに、隅々までベターっと流し込まれたコンクリートを見ると、
もう、キモチわるくてしょうがないのです。
タダでさえ、トウキョウは土が少ないのに、
これでもかと言わんばかりにコンクリートで固めて、味もそっけも、
ありゃしない。

おまけに、雨のしみ込まない地面を量産している訳で、
結局そういうのが集中豪雨時に、
都市が洪水になる原因の一つだとも言われています。

、、、こういう書き方をすると、

「おっ、社会派? エコか?」

みたいに聞こえちゃうけど、正直、頭で考えてる訳ではゼンゼンなくて、

ただただ、家が建つたんびに、
土がどんどん消えていく状況が、イヤでイヤでしょうがないのです。


草も生えないような街。
だって、そんな場所で、子供を育てたくないじゃん、、、。

ていう、もう超、コジン的なカンカク。。。。

今書いてて思いついたんですが、
少子化と、街の土の残り方って、絶対関係ありそうな気がします。。。
政治家に教えてあげたいなぁ、、、、。


佐賀の田舎者だからかも知れないけれど、
そんな訳で、僕の設計の根っこは、いつもそこから始まりますし、
時々、いびつなカタチのプランが出来上がるのは、
実はそういう理由からなのです、、、。


だから、工事が着工して、キソが出来上がる時が一番楽しみ。
出来上がると隠れてしまうキソのかたちが、実はその建物の意思を
一番表現しているからです。

キソが良ければ、もう勝ったようなもの。
数年後、素敵な家になるのは間違いなしなのです。

1088.jpg

さて、写真は、杉並区で着工しました坪井さんの家のキソ。

実は川のそばで、区のハザードマップによると、
万が一の大雨の際には、浸水の可能性のある地域。
なので、ちょっとした高床住居として設計しています。

まぁ、浸水の可能性も一つの理由ではあるのですが、

最初に坪井さんにお会いした時に、あれこれ話す中で、

「地面は地球のもんだと思うんですよ、、、。」

と何気なくおっしゃった言葉に、
案の定、またいつものように無駄に引っかかり、
それにどうしても答えたくて
こういう いびつな四つ足の象みたいなキソとなりました。

、、、僕、引っかかるとしつこいです。

1089.jpg


地球に、高さ1m程のいびつな石をちょこんと置いて、
その上に木造の家が乗っかります。

もう、ほとんど日本では消えてしまった縁の下がしっかりあって、
コドモ達は、上の歯が抜けたら縁の下へ、、、。

まわりが浸水したら、舟のように。


「近所の子達も、きっともぐりに来るよねっ。。。。」

と、そんなコトを話しながら計画した家です。


完成がたのしみ。
もう、いい家になるのは決まったようなもんですけどね、、、。



、、、ケンチクを作る事は、どんな風にキソをつくるか考えること。

キソを考えることは、土の残し方を考えること。


まぁ、キソ的な話ですが。。。。



posted by 西久保毅人 at 00:48| 2010.4月〜6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする