2010年02月05日

いのり

昨日は、品川で工事中の 坂田さんの家の、コンクリート打ちでした。

857.jpg

ベニヤでできた型枠にコンクリートを流し込む訳なのですが、
そのまま仕上げになる時、要するに打ち放し仕上げの時は、
僕たちも緊張します。

何せ、型枠の中身を見れない訳なので、
どこまでコンクリートが入っているか?また入っていない場所はないか?
っていうコトが、基本的に目視できません。

そもそも、こういう施工自体がとっても不効率といえば、不効率なのですけど、
唯一確認できる方法は、叩いて確認するコト。

超、原始的です、、、、。

854.jpg


叩くのには他の意味もあって、きちんとスキマなく、密実にコンクリートが
まわるようにする、という役割もあります。

まぁ、要するに、見えない敵に挑むような事なので、
半分、いのり、みたいな事ではあるのですけど、
その一手間をかけるかどうかが、仕上がりを左右すると、
僕は信じているので、必ず事務所のスタッフと参加します。


853.jpg

初めての工務店さんだと、

「なんだこの設計事務所は、、、?」

みたいな目でも見られるんですが、ある意味、職人さん達と物作りを
共有したい、という思いもあってそういう姿勢で現場にいると、幸せな
こともたくさんあります。

昨日なんかは、

「、、、あの、、、自分、手が空いてるんで、叩くの手伝いましょうか?
、、、、どうやればいいですか?」

と、若い電気屋さん。

コンクリート打ちに立ち会うのも初めてみたいだったのですが、
そういう風に声をかけてくれました。

、、、、なんか、とても嬉しかったです。
素敵な電気屋さんになってもらいたいですね。

ようは、自分が設計屋とか、電気屋とか、大工とか、監督とか、、、
そういうのは、どうでも良くって、
職種の垣根を越えて、いいものを作ろう、っていう思いが集まる
コト。

まぁ、図面を描くのが僕らの主な仕事ではあるのですが、
それだけじゃぁ、伝わらない事もたくさんあるので、
きっとこういうコトの積み重ねで、いろんな人の
思いや愛着が詰まった家になればいいなぁ、と思うのです。

852.jpg

完成が楽しみです。




posted by 西久保毅人 at 18:12| 2010.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする