2010年01月31日

写真

昨年末に完成した、「平部さんの家」の完成写真が届きました。
撮影は、金子美由紀さんという女性の写真家にお願いしました。

金子さんとは、昨年、「I`m home」という雑誌で中澤さんの家の取材で
初めて知り合いました。
その時の写真があんまり素敵だったので、ぜひコジン的にお願いしたくて
初めてラブコール。
快く引き受けてくれました。

843.jpg

なんていうのかな、、、、。

空気とでも言えばよいのか、、、、。


844.jpg


それとも、しっとりさ、とでも言えばいいのか、、、。



845.jpg

、、、なんと言っても、素人の僕がいっても、
金子さんに失礼かもしれないですけど、、、、、。


846.jpg

とにかく、大好きな感じです。

ピピッ、とくる、というか、、、、。

ああ、こういう風な目で見てくれたのか、、、、
という金子さんの気持ちが伝わって来る感じ。

それが嬉しいです。

847.jpg

やっぱ、人に頼むんだから、その人、そのものが伝わらないとね。
モニターで見る写真からも、金子さんがにじみ出る感じです。


ケンチクの写真家さんって、世の中に一杯いらっしゃって、
中にはやっぱ、売れっ子の写真家さん達もいて、
有名なケンチクカさん達の写真て、実は売れっ子の写真家さん達が
撮影されている事が多いです。


848.jpg

でも、なんか、
僕の作りたい世界というか、空気とは違うなぁ、、、
といつも思う訳で、ジブンでも、バカみたいに何百枚も
撮影するんですが、しょせん、シロウト。
やっぱ違うんだよなぁ、、、と思いつつも、
ナニが違うのかも分からず、いつも後悔ばかり、、、、。


そもそも、僕がズレてるのでしょうけど、、、、。


849.jpg

だから、なんか、嬉しいのです。
金子さんと出会えて。
こんな素敵な写真を撮られるんだったら、
そのうち、きっと売れっ子写真家になっちゃうかも知れません。

その家を一番知ってるはずの、僕が何百枚シャッターを押しても、
どうしてもつかみ取れない空気を、金子さんの目を通して
そのまんま切り取ってくれたような、写真達でした。


ちなみに、撮影はフィルムで撮ってくれました。
そういうこだわりも、嬉しいですね。

ラブコールはしてみるもんです。


今年の僕のテーマは、ラブコールかな。


たくさんあるので、近々、ホームページにもアップします。
posted by 西久保毅人 at 00:55| 2010.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする