2010年01月30日

一期一会

先日、長くおつきあいをさせて頂いている工務店さんの
新年会に呼んで頂きました。
そこには、山田さんという腕のいい大工さんが
いらっしゃって、年はもう70を過ぎているのに、
いまだに若々しく現役バリバリ。

いつも勉強させて頂いていて、
長いおつきあいなのですが、
初めてお酒を飲んでお話をさせて頂きました。


そんなに言葉が多い訳ではないのですが、
その中で、

「全部の仕事が一回きりで、同じ仕事は二度とないんだからさ、
一軒、一軒が俺たちは勉強ですよ。」

とおっしゃったのが、とても心に残りました。

もう、70を過ぎた大工さんの言葉だから、、、というのもあるけれど、
逆に、そういう気持ちで仕事をしているからきっと、いつ会っても
若々しく現役でいられるのだろうなぁ、、、と、思いましたし、
僕も、そういう70歳になりたいなぁ、、と思いました。


僕も、たくさんのご家族にお会いして、たくさんのシキチを見て、
実現しない案も含めると数えきれない設計をさせて頂いてきましたが、
同じ案て、二度と描かないんだなぁ、、、。

たまーに、「あんときの案、今回いいかも?」とか、ずるい事を
考えて描いてみても、やっぱり、それはなぜか見せられないというか、
、、、イマイチなのです。

こういう不効率なやり方をしていると、
時々、自分が馬鹿なんじゃないか、と思う時もあるのですが、
山田さんの言葉に、ちょっと勇気をもらった気がしました。


やっぱ、すべて一期一会、ですね。





「だからさ、大工が何と言おうと、どうしてもこれがやりたいっていう
信念をもってなきゃ、ダメだよ、アンタ達はさ、、、。」



そういう山田さんに、今年、久しぶりに工事を頼める事になったので、
ちょっと楽しみです。


写真は飯村さんの家のシキチ。
これから着工です。

842.jpg
posted by 西久保毅人 at 01:07| 2010.1月〜3月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする