2009年12月21日

坂田さんの家

先週末、品川区で工事中の、坂田さんの家が上棟し、
上棟式をして頂きました。

木造とコンクリート造の混構造なのですが、今回は木造部分の上棟。
大抵、ニコ設計室では、上棟にあわせて大きな模型を作ることにしています。

802.jpg

ちょうど、上棟したクウカンの中で、
同じアングルで、模型をながめてみたりして、最終確認、、、、、


801.jpg


という意味もあるのですが、
これから本格的な工事の始まる上棟の場で、
大工さんや職人さん達に、

「こんな家になるのですよ。」

という、最終形のイメージを持ってもらう事が大きな目的です。


どの職人さんにも言えるのですが、
建築工事は、いろんな職人さんの持ち場持ち場で、
工事が行なわれるので、
実は意外と、フィニッシュを見れない方も多いのです。

特に、大工さんは一番大切なのですが、大工工事って、
仕上げの前に終了しちゃうので、本当に完成した姿を見ずに、
次の現場へ、、、っていうコトがわりと多いのです。

799.jpg

これは、小さな事のようで、僕はとても大切な事だと思っています。

「へー、こんなになるんだぁ、、大変そうだけど面白そうだね。」

とか、

「おたく拝見に出てきそうな家だね。」

とか。

まぁ、どっちかっていうと、

「げっ、思ってたよりも、大変そうじゃん、、、、、。」

と、きっと皆さん、思う事が多いんだと思うのですが、
最終形のイメージをもって仕事をするのと、
ナニを作っているのかの、イメージのないまま、仕事をするのとでは、
たぶん、ゼンゼン、出来上がりが違って来ます。

803.jpg

まぁ、模型はあくまで模型で、
いくら作っても、やっぱり実物にはかなわないなぁ、、、、、、
と、思うのが正直なところなのですが、
自分の想像力のなさを補うためにも、
こういう場で、情報を共有するためにも、
とっても大切なのです、、、。


模型は作らない、っていう人もいるみたいですが、
想像力が大幅に欠落している僕には、
まぁ、ムリな話ですね、、、、。



あぁ、中に入りたい、、、、。





posted by 西久保毅人 at 20:59| 2009.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする