2009年09月14日

雨ふり

練習用にもっていく水筒は容量勝負。

安いプラスチックの水筒は、軽くて安くて、いっぱい入るかわりに
ほとんど水密性がないから、飲む時スキマからちょろちょろもれる。

でもよく考えてみたら、外で汗だくで練習してる時に飲むものだから、
そもそも水密性なんて必要ない。
そんなコトより、いっぱい、バケツの水をあびるように
ただ、口に入ればいい。

そんなユルさがすばらしい。

677.jpg

グランドについたらもう雨は少し降り始めていて、
そんな中で構わず練習。

案の定、すぐに本降りになってきた。

とりあえず学校だし、いったん中止になったけれども、
できない程でもない。

まぁ、いっか、と皆が思いつつも誰も言いださないまま。
しばらくすると、誰からともなく雨の中へ。
一回濡れちゃえば、もう一緒。

むしろ、服を着たまま構わずびしょぬれになれる楽しさの方が
勝っちゃって、気がつくと皆、雨の中へ。
子供達より大人の方が楽しそう。

678.jpg

ザーッと降ったり、小雨になったり。

今日は楽しかったなぁ、と思って時計を見上げてビックリ。
まだ、来てから一時間しかたっていない。

雨の不思議。。。。。。ケッコウ疲れたのに、、、、。

さて、いよいよ大降りになってきたのでさすがに解散。
雨の中、傘さして歩く人の中を、リンタロウと2人で
びしょぬれで帰るのも、なんだか快感。


ようは、一回濡れちゃえば、同じなのだ。


さて、僕らの日常で、もはや必要不可欠になりつつあるもの。

ケータイ、パソコン、デジカメ、DS、iPod、、、、。
どれも濡れちゃえば、一発アウトなものばかり。

水につかると、どれもガラクタ、、、、。

ようは、一回濡れちゃえば、、、、、、、同じなのだ。


同じだけれど、あまりに依存度が高すぎて
それを濡らさないために思考がしばられる。


だから子供達に持たせるものは、
極力、乾かせばオッケーなものだけがいい。

いつでも雨の中に飛び出していけるように。

posted by 西久保毅人 at 22:46| 2009.7月〜9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする