2009年06月30日

放置プレイ

ケーコ先生が僕に冷たい。

発表会が終わってから、なんか冷たい、、、。

今までなら、

「パパ、よく出来たわねっ。 じゃあ、次のレンダンはこれにしましょう。」

って、すぐガクフをくれたのに、今回は、ゼンゼンくれない、、、、。

383.keiko.jpg

これは、もう、練習に憑いて来るなってコトか?

もう、さすがに、ノノも4年生だし、一人で練習くらい行けるし、
ボクがいると、なんかもう、邪魔ってコトか??

よくよく考えると、この父親、平日の昼間に娘のピアノに憑いて来て、
カッコも、どうも、働いているようには見えないし、
もしかして、無職、、、、、、? と、ついに怪しまれ始めたのか、、、?

もう、妄想は、膨らむばかり。。。。。

まぁ、しかしそうだな、、、、
ボクも、そろそろ子離れしないといけない時期かもな、、、。
きっと、ケーコ先生は、ボクに子離れのチャンスをくれようとしているのかも?


そうか、短い時間だったけど、発表会も出れたし、
きっと、それがノノのためかもな、、、、。
ケーコ先生が、切り出しにくければ、
やっぱ、こういう時は、男の口からお別れを言うべきかな、、、、、。


と、一人ぐじゃぐじゃ思いつつ、いつケーコ先生にお別れを言おうかと、
決められずにいたある日。




「はい、パパ。あたらしいレンダンの曲よ。
 こんどは、モーツアルトの3ページの曲だから、1年かけて練習してね、、、。」


、、、、なんか、もう、むちゃくちゃ、嬉しかったです。


忘れてなんか、いなかったんですね。ケーコ先生。
きっと、ボクにピッタリの曲を選んでくれていたんだね。。。。
なんか、疑ったりして、すみません、、、、。


と、ガクフを見ると、見た事ないよな、小さな音符が一杯、、、、、。
しかも、3ページ、、、、。


もしかすると、これくらい難しいの渡したら、
このおやじも、あきらめて来なくなるかな、、、っていう、イヤがらせか、

はたまた、ケーコ先生が、ボクのモチベーションを高めるための
放置プレイによる愛情表現か、、、、?


まぁ、でもおかげで、ボクも再出発。
さすがですね、ケーコ先生。

あの、ノノが、高校生になっても、練習に憑いて行く所存であります。

そして、いつの日か、
ケーコ先生とのレンダンを夢見て、、、、。


597.jpg
posted by 西久保毅人 at 23:50| 2009.4月〜6月 の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする