2009年06月29日

ラストナイト

飲食店は、古ければ古い程、いい。

特に、中華屋や飲み屋は、ボロければボロい程、なんか、いい。
ていうか、
ボロくないと、なんか信用ならない。

それはなんでだろう?
たぶん、舌で感じると同時に、
きっと目や、鼻や、肌で場所も味わっているからでしょう。

多少不衛生かも知れないけど、
いいじゃん、別に、死ぬ訳じゃないし、、、って僕は思います。

そして、たぶん、何十年もの時間を乗り越えてきた場所だけが持つ、
オーラみたいなものも感じるからかな?

だから、僕は、大好き好きな人が来た時は、
迷わず、ボロい店に連れて行く。


それが、僕なりの愛情表現。

まぁ、みんなが喜ぶ訳ではないけれど、
いつも愛は一方的なのです。

594.jpg

荻窪にも数少ないそんな場所があって、
その一体は、戦後間もない頃から続く、バラックみたいな場所。
この珍来という中華屋が57年というから、まだ荻窪歴10年の僕なんか、
まだ新参ものです。

近くには昼からやってる立ち飲みやもあって、
この風景は、一つの荻窪名物みたいなものです。

595.jpg

うわさには聞いていたんですが、この一角が再開発で一掃されるとのコト。

ウソだといいな、、、、と話していたら、
ラストナイトは思いの外、早くやって来ました。

まずは、珍来が、今日で終わり、との事。
ラストナイトは事務所のみんなで駆けつけました。

お店に行くと、たくさんの花束と、目を潤ませる店員さん。
ホント、熱烈なファンが多かったんでしょうね。。。。
あー、ホントになくなっちゃうんだなぁ、、、というのを実感。


この、一人飲みの苦手な僕にとって、
終電近くの帰り際、遅めの夜ご飯を食べる振りをして
一杯飲める数少ない場所、、、。

僕に限らず、ボロくて、ウマくて、安い店は、
いろんな人に開かれている気がします。


この中華屋を皮切りに、8月ごろまでには、全店閉店らしいです、、、。

596.jpg

あー、あー、このままの方がいいなぁ、、、。

どうせ、再開発って、ロクなものができたためしがありません。
そもそも、再開発って、一番うさん臭い言葉。

いい、っていうカンカクは、たぶんみんな、同じなんだろうけどな。。。。

でも、いい、だけじゃ、経済にはかなわないのだろうな。。。。。

こういう場所の、なんかいい残し方はないものでしょうか?


もうすぐ選挙だから、
駅前の飲み屋を残そうーっ、ていう飲んべえの候補者がいないかなぁ、、、。

投票しますが、、、、。


posted by 西久保毅人 at 21:46| 2009.4月〜6月 の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする