2009年06月23日

人の上に立つコト

先日、打ち合わせ前で、ちょっとハイになってる夜のコト。

さあカップラーメンを食べようと、ポットからお湯を注ぎだしたら、
なんか、いやーな音、、、、。

ズブズブズブズブ、、、っていう例のアレ。

案の定、お湯はカップの半分くらいしかありません、、、。

あー、入れる前に確かめれば良かった、
この、打ち合わせ前の大事な夜に限ってなんていうミスを、、、、。




588.jpg



まぁ、一人なら、なんともやりようがあるからいいんですが、
奥には、模型を作ってくれてるワカモノ達、、、。

しかも、さっき、僕がお湯を入れようとしたそばを一人が通り過ぎたので、
僕がカップラーメンを食べようとしているのは、バレているはず、、、、。



格好わるいよなぁ、、、、、お湯が足りないなんて、、、、。

やり直し、きかないしな、、、、少しお湯、入れちゃってるから、、、。


日頃、えらそうにしているくせに、
お湯の量を確認しなかったなんて、
所長の、メンツにかかわるなぁ、、、、、。

しかも、さっき、わざわざ商品名まで指定して買って来てもらった手前もあるから、
なおさら失敗は、許されないこの状況、、、。

きっとバレたら、模型を作る士気にかかわるだろうなぁ、、、、。

しかも、プレゼン前の夜だしなぁ、、、、。


と、とめどなく思考はめぐるものの、
相手がカップラーメンだけに、考える時間も3分しかありません、、、。


そんな訳で、状況が状況なだけに、
食べないのも不自然なアリバイを残す事になるので、
コソーっと、いかにも失敗などなかったかのふりをしつつ、
食べることにしました。

案の定、上から見ると、固い麺があけたまんまの姿で固まっています。
しかし、裏面は、確実にお湯に漬かっているに違いないので、
麺をなにげなく、裏返してみると、うらの半分くらいは食べられそうです。

きっと裏面を食べ終わる頃には、表もスープに漬かって多少はやわらかく
なってるに違いない、と、リバーシブル作戦を決行。


、、、、、と、そんな訳で、多少スープが濃かったり、固かったりはしつつも、
なんとか失敗をバレずに、食べ終わる事ができました。


今のところ、バレた気配はありません。



しかし、大変だなぁ、
人の上に立つというのは、、、、、。



立場ってもんがあるからな、、、、。
所長たるもの、カップラーメンくらい、華麗に食べられなければなりません。




posted by 西久保毅人 at 01:31| 2009.4月〜6月 の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする