2009年05月02日

セルフペイント

今日は、少々暑いくらいのいい天気。

5/9(土)にオープンハウス予定の中澤さんの家
セルフペイントを行ないました。

533.jpg

塗料はいつものポーターズペイント。
今回は、セブンシーズという名前のキレイなブルーを子供部屋に塗装。
旅好きな中澤さんにピッタリのネーミングです。

毎回恒例のようになっていますが、やっぱり自分の家に自分で塗るっていうのは、
記念にもなりますし、何より家に愛着がわきます。そして何より
「プロじゃない」っていう最大の強みをテクスチャーで発揮できる仕上げは、
コストに変えられない独特の味わいがあります。

そして子供だって、自由に塗りたくれるっていうのが、何より。

531.jpg

プロがばしっと仕上げたものと、家族みんなで仕上げたもの。
そういう仕上がりの幅が、空間の奥行きになっていくと思います。

そして、自分でやる事で分かるのは、
「プロってすごいんだなぁ。」
っていうコト。

今日も、ちょっと立ち会ってくれたペンキ屋さんが、
「ちょっと貸してみなっ。」
と、難しい部分をサラサラっ、と塗ってくれました。

やっぱり、プロはすごい。餅は餅屋だ。

532.jpg

と、作ってくれた職人さん達のすごさを体感するっていうのも、
きっと、自分の家に対する愛着となるでしょう。

瑕疵保証制度とか、ケンチク業界も、保証保証と、いろんな保証制度が
次々とできてる今日この頃。

まぁ、そういう紙切れの話も大切だけど、
それよりも、

「おー、まさにこれは俺の家だ。」


534.jpg


って、思える家作りの方が、じいちゃんになった時に、
たくさんの昔話を聞かせてあげられるような気がするのです。

来週クリーニングなので、完成が楽しみ。
posted by 西久保毅人 at 23:49| 2009.4月〜6月 の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする