2008年12月16日

吉原さんの家オープンハウス

先週末に吉原さんの家のオープンハウスを行いました。

今回、初めてやったコト。

2日間行わせて頂いた事。
ポーターズペイントさんと共同で行った事。
ちょっと家具をレイアウトしてみた事。


409..jpg


せっかくなので、いろいろチャレンジしてみました。
おかげで、たくさんの初めての方にもご来場いただいたり、
これまで設計させて頂いた、歴代のニコの家に住むご家族や
設計中のご家族、いつも御世話になっている方々にもご来場いただき、
いろんなお言葉を頂きました。

411.jpg


前に書いたんですが、
今年の僕の一番の勉強は、

「人に見ていただく」

と、いうコトに感謝の気持ちを大切にする、という事。


それが、全てなんじゃないかな、と最近思います。


414.jpg


それは、役所の検査でも、オープンハウスでも、

たとえば、お客様に、見せるずめんもスケッチも

415.jpg


全部、同じコト。


413.jpg

ようは、ちゃんと伝えたい、ってコト。
そして、僕には、伝える義務があるってコト。

412.jpg

ナニをかって?

それは例えば、
こんな建物をつくっちゃう僕らの信頼する工務店はすげーだろ、ってコトや
それを、作れる職人さん達、すげーだろ、ってコト。

こんな建物の図面書いちゃうスタッフ、すげーだろってコト。

そして、最終形はできないと分かんないのに、
信頼して任せてくれた吉原さんへの感謝と、
初めて出会った時の言葉や表情。

ポーターズペイントの的場さんや伊藤さんとの出会い。


僕は一人では何にも出来ないけど、
どんなパスにも全力で走ってくれる最高の仲間。

仮にそのボールに届くかどうかは分かんないとしても、だ。


それは、まさにサッカーだ。



408.jpg

こんだけそろったら、

僕は、カリン棟だって登れちゃうし、

空だって、飛べちゃう気がするよ。



410.jpg



「あきらめたら試合終了ですよ。」


だから、僕は絶対にあきらめない。

感動があればなんだってできるのだ。

だって、感動は、法律にも経済にも、流行にも、時代にも、、、、、
子供も、大人も、国籍すらも超えていく、

何にもしばられない、人類の最高の武器なのだから、、、。





posted by 西久保毅人 at 13:59| 2008.10月〜12月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする