2008年07月11日

中間検査

今日は炎天下の中、自転車で一日中、現場巡り。

午後からは、吉原さんの家の配筋検査と、確認検査機関の中間検査でした。


300.yosiharatei.jpg


昨年の法改正後、申請業務が大幅に改正されて、とにかく大変です。

でも、「大変」という言葉やイメージが一人歩きしている部分もあって、
なんか、過剰に構えてしまっている部分もあります。

確かに、とても意味のないような、理不尽な変更や対応がかなりあるのですが、
その「大変さ」に気を取られすぎて、「原点」を見失いがちになる時もあります。


そんな意味で、今日の中間検査にきてくださった検査官の方は、
とても芯の通った魅力的な方でした。


どんな構造でつくろうと、どんな形をしていようと、

「いい建物をつくる」

という意味では、やるべき事は、全部同じです。

とにかく「基本に忠実に」

という事。

逆にいえば、きちんと当たり前の事を「基本に忠実に」やりさえすれば、
何の大変な事もない訳です。

ついつい、経験を重ねてくると、
「基本」がいつの間にか「あたりまえ」になって、
おろそかにしがちな自分がいます。


そんな自分を、初心に戻してもらえたような、
貴重な言葉をいただきました。


例えば、「現場をいつも奇麗ににする。」

たぶん、それだけでも、出来上がる建物は、きっと良くなるはずです。


そんな、全然難しくないあたり前の事を、
見直していきたいと改めて思いました。











posted by 西久保毅人 at 22:17| 2008.7月〜9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする