2008年06月16日

吉原さんの家工事中

288.yosiharatei.jpg

写真だけ見ると、どこかの国の遺跡のようですが、
世田谷で工事中の吉原さんの家の現場です。

地下の型枠がはずれ、何となくイメージ通りに仕上がりました。

初めてですが、荒々しいラーチ合板型枠のコンクリートも、
アーチ型の開口をつけると、なんとなくいつもより親しみやすく、
そのコントラストがなかなか良い感じです。
この調子で、地上部分も徐々に立ち上がってきます。



モロッコの住まいのような、、、、という奥様のお話から始まった吉原さんの家。


ただ表面的に、タイルをはったり、、、、のモロッコ風、とかではなくて、
その空気感、素材感、など、性能過多で、日本の住宅で失われてしまっているような
豊かさや大らかさを実現したいと考えています。

何十年、とかの単位ではなく、何百年。

小さな住宅ではありますが、
そんな壮大な時間の流れを思いめぐらすような
スケールの大きな空間にしたいと思っています。

287.yosiharatei.jpg
posted by 西久保毅人 at 23:31| 2008.4月〜6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする