2018年06月15日

100年後の風景

シキチを見せてもらうたんびに、

「まぁ、、、何にも作らないほうが良さそうだなぁ、、、。」

っていうのが、いつもの僕の設計のスタートです。


8633.jpg

同様に、建物のリノベーションを頼まれるたんびに、

「まぁ、、、そのまんまのほうが、、、、、、良いようなぁ。」

っていうのが、いつもの正直な気持ちです。




8626.jpg


さらに時々、昔の建売とかではなくて、そもそも建築家が魂込めて設計した
数十年後のおうちの改修を頼まれるコトもあったりするんですが、

そういう時は、、、、ますますそんな気持ちになります。

しかも、建主さんに、愛されているのを感じれば感じるほど、なおさら。



8627.jpg

だから、

「、、、本日は素敵なおうちを見学させていただき、ありがとうございました!

大変、勉強になりましたし、

なんて素敵な暮らしだろう、って思いました。


ま、そういう訳で、
この調子で、素敵に住み続けてくださいねっ!


では、ワタクシ、失礼いたします。。。。ね。」


と、そこで終わりにしたいんですけど、、、、、。



8629.jpg


このおうちは、
当時若き建築家が、40年前に設計した自邸です。

傷んでいるところはあるものの、
築40年とは思えないくらいに
このコンクリートの構造体は、まだまだとてもしっかりしていて、
当時の設計者の若々しさや潔さを、未だに感じさせてくれるものでした。



8628.jpg


人間で言えば、まだまだ20台前半でしょうか?

、、、こういう風に、ケンチクを人間年齢で例えるのは新鮮ですね。

8630.jpg


この40年間、

幾たびもの改修を施されてきたこのケンチクを、

「次の100年、この街の風景として、

そして生活の場として残したい。

、、、まぁ、私たちはもういないと思いますけどね。」


それが、この建主の想い。


それは、きっともう、
僕たちも、関係者すべてが、いなくなった未来の物語。



8631.jpg


そのためには、一旦、
いろいろ剥がさなくてはいけません。


この素晴らしいツタや植物も。

8634.jpg


このツタに覆われたケンチクは、
近所の保育園の毎日のお散歩コースの、人気スポットなのです。


でも、

次の100年、

っていう時間を想像したら、きっとあっという間かも知れませんねー。



またすぐに、街の子ども達が、この風景と出会えますように。
【関連する記事】
posted by 西久保毅人 at 19:19| 2018.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

ぱいせん

憧れたていたりとか、尊敬していたりだとか。

だからといって、僕に似ているか、、、、と言ったら、全く真逆な存在。

でも、学生の頃からずーっと、もう20年以上、

「すごいなぁ、、、、。すごいなぁ、、、、。」

って、よだれが出るくらいに思わせ続けていてくれる、大好きな先輩がいます。



8622.jpg


そんな敬愛する僕の先輩である建築家の新関さんが、
先日、本を出版されました。

「NIIZEKI STUDIO 建築設計図集」です。

新関さんの建物のような、凛とした、とても綺麗な本です。

8625.jpg

学生時代から新関さんの追っかけである僕は、
新関さんが独立以来、ほとんどの建物を見に行かせて頂いているんじゃないかなぁ。

だから、この出版を記念して企画されている写真展や、トークショーにも、
もちろん、追っかけて行ってきました!



でも、自分でも面白いなぁ、、、って思うのは、
新関さんの作品を見たらよく分かるのですが、
超ストイックに建築と向き合い続ける新関さんに対して、
まぁ、、、、人間の煩悩を全て詰め込んだようなニコのお家たち(笑)


少しは、似ろよっ、って
自分でも突っ込みたくなるくらいに、
作風が違うのですね、、、はい。




新関さんは、どんどん、どんどん、研ぎ澄まされてゆくのに対して、

ニシクボさんは、どんどん、どんどん、拡散してゆくような感じでしょうか。。。。



ぱっと見は、、、。

8624.jpg


だから、そういう意味では、
新関さんの建築は、ストイックな建築に思われがちなのかも知れません。



でも、僕から言わせると、
新関さんほど、「人」に向き合って建築を設計している人はいないんじゃないだろうか?
って、その空間にいると、建築の隅々からいつも感じます。

新関さんは、決してそんなコトは口にしませんけど、
僕が絶対に真似できないくらいに、誠実で、人間愛にあふれた建築だなぁ、、、と
同じ仕事をしているからこそ、その奥深さを僕はいつも感じるのです。


ほーんと、きめ細かな気配りの行き届いた、生活しやすそうな空間。
しかも、気配りをしているコトすら、感じさせないくらいの気配りは、ちょっと僕には真似できません。


ほら僕は、逆に気配りしたら、

「ほらっ、ここ、ここっ、気配りしてるでしょ?」

っていう、、、、、言わずにいられないタイプですからね〜(笑)。


うーん、違いすぎる、、、。








しかし。
こんなにずーっと自分が憧れ続けられる先輩がいるって、
本当に幸せな事だなぁ、、、ってつくづく思います。


「ありがてぇ、偽物じゃねぇ、、、。」


っていう山王戦のルカワの心境なのです、この20年。。。。




新関さんがずっと走り続けていてくれるから、
僕も堂々と、新関さんの真逆におもいっきり走り続けていられるのかも知れませんね。




そのうち、地球を一周したところで、いつか会いましょう!って感じで。




8623.jpg



、、、と、
もう、僕の下手な話術では、
まーーーったく新関さんの素晴らしさが伝わる気がしません。

できる事なら、みんなに新関さんの建築を体験させたい!



ぜひ、機会があれば、本を開いてみてください。いろんな本屋さんにあるはず。


まだまだイベントもあるみたいですので、、、、、。




posted by 西久保毅人 at 18:41| 2018.6月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

お題

先日、ちょうど1年前にお引き渡しをした「ひとつながりの家」の点検に伺ってきました!


8615.jpg


桜並木の緑道沿いのシキチですので、
伺うたんびに、表情が違って素敵です。

子ども達の日々の遊びの跡が、随所にあって、良い感じ。
基地みたいです。



8617.jpg

さて、
点検にうかがうと、大抵、何かしら新しい「お題」をいただきます。

僕としては、点検するふりだけして、チラッと見て、
後はまぁ、飲んで帰るつもりで行くのですが、、、、、


なかなかそうはいきません。


8621.jpg


小学生から幼稚園までの3人の子供達が、
それぞれに宿題もできたり、お絵かきもできたり、
時には、大きな地図を広げたり。

なんかそういう机が欲しいんですよねぇ、、、、。とのコト。


8618.jpg


うーむ。

「まぁ、ウチの子達なんて、結局、部屋もなく、机もなく、
 宿題なんて、床に寝っ転がってやってましたから、
 まぁ、画板みたいなものでも、与えといたらいいんじゃないですかね〜??子供なんて。」


8620.jpg


と、
結構、本音では思いつつ、
あまりに何も与えなかった自分への懺悔の気持ちもあり、
お題を与えられると、やっぱり考えたくなってしまいます。



8616.jpg

そんな時に思い出すのは、
僕が学生の時に入り浸っていた幼稚園の園長先生の言葉。
当時、80歳くらいのおばあちゃんだったんですが、


「子供達の遊びは、続きが明日もできる、
 っていう環境をそっと与えてあげるコトが大事なのよ、
 なんでもかんでも、全部片付けてしまうんじゃなくって。


 例えば安心して泥団子を隠しておける縁の下があれば、
 続きが明日も、明後日もできる、っていうような。そんな環境。。。。」





8614.jpg


うーむ。


じゃあ、
この緑道のふかふかしたツツジの上に、ながーーーーいテーブルを作る、っていうのは、
どうでしょうかね〜??

何より板を置くだけで良さそうだし、
ツツジの茂みの中に、いろいろ隠せそうですし、、、、、。
そしたら、引き出しもいりませんしね。


我ながら、妙案!!!(笑)




いかがでしょうか?
posted by 西久保毅人 at 21:57| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

バカ親シックスティーン

さて、中学バスケ編から、早2年。


この春、高校二年生になったリンタロ。
あいかわらず、バスケ三昧なのですが、
ここ1年、試合見に行っても、ほぼ出番ゼロ、、、、、。

8601.jpg


そんな訳で、
試合自体は時々、応援に行くんですが、
行くたんびに、僕のカメラには、よその子の名シーンが溜まるだけ、、、、。


、、、、まぁ、いいんですけどねぇ。
自分の子供じゃなくても、バスケ面白いし、、、、。

うまい子見てると楽しいし、、、。

まぁ、リンタロもベンチで楽しそうだし、、、、。

8602.jpg

しかし、中学の時は、まぁまぁ試合に出てたんですが、
さすが、高校レベルになると、やっぱりなかなか難しいのが、僕でも分かります。

しかも体育科のある高校だから、
190センチくらいあるスーパー1年生達が入ってきちゃったり、
惚れ惚れするくらい、超うまいガードの1年生が入ってきたり、と
リンタロにはますます狭き門、、、、。


8603.jpg

うーむ。。。。

このままだと、3年間、出番なしの覚悟だなぁ、、、。

まぁ、リンタロのお友達を撮り続ける3年間でも、まぁ、いっか、、、。
ノノの時なんかは、自分の娘がマネージャでしたからね、、、、まだマシ。

って、思ってたんですけどねー、最近は。


8605.jpg

と、そんな覚悟で観に行った先日の試合。


開始前、
あれあれー、、、、、?

なぜかユニフォーム姿のリンタロ。


まさかね、、、、。何かの間違い。

8608.jpg


って思ってたら、整列するじゃないですか?

ウソみたいな、まさかまさかの初スタメン!!!
しかも、シーズン最後の総体開幕戦です。

8607.jpg

いやいやしかし、、、、。

これはきっと、ただのお試しに違いない。

良くて、2、3分の出番だろう、、、、、。
もう2度とないかも知れないから、
記念に、アホみたいに写真取ろうかな。

って、撮影を始めたんですが、、、、、。


8604.jpg

それが、なかなか出番が終わりません。

まさかね、、、、、。まぁあわよくば1ピリだけでも、出してもらえたら儲けもん。

って思って見てたら、
まさかまさかのフル出場!

試合も快勝でした。


8609.jpg

ほーらね。

バカ親ですけど、リンタロ、
なかなか良い選手なんですよねー、ほーんとに。

使わない手はないと、ずーっと思ってたんですよね〜。

僕、バスケ、マンガしか知りませんけどね、、、、。


何より、リンタロは、明るい。

どんな戦況でも、チームを明るく、鼓舞する力がある。
バカ親から見ても、それはそれは、すごい才能だと思うのです。


8610.jpg



どうしてこんな風に育ったのか、
全く心当たりがないんですけど、
僕にはみじんもない、リーダーシップと明るさが、
リンタロからは、いつも滲み出ているのです。

本当にすごいなぁ、、、、。


8611.jpg


瓢箪から駒とは、こういうコトを言うのだろうなぁ、、、

と、リンタロ見てると、
いっつも思います。


素晴らしき、男子校ライフ。


以上、バカ親通信でした!
posted by 西久保毅人 at 23:22| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

木の家

この春は、着工&上棟ラッシュ。

先日、葛西で工事中の永井さんのおうちの上棟式でした!


8596.jpg

街路樹のある角地が敷地なので、
自分の敷地には、まだ木が生えていませんが、
上棟の段階から、、、、、、、なんか、いい感じ。

8594.jpg


工事の風景そのものも、
なんだか、いい街の風景になっていました。


8595.jpg



いつも感じるのですが、
なんだかんだと、僕らの仕事は、
迷惑業、と思われがち。

まぁ、とんかんとんかん、ウルサイので仕方ないのですが、
近隣の方々も、道行く子供達も、
なんか、興味津々で、とても暖かく見守られているのを
肌で感じられる街でした!


実は、そういうコトが、
この仕事をしていて、何よりも嬉しいなぁ、、、って思います。


8597.jpg


このシキチ、
海抜が低いため、少し高床のおうちになっていて、
そのため、ちょっと住宅では珍しいコンクリートのスロープを作りました。

基礎が高いと、ちょっと偉そうかなぁ、、、と心配していたんですが、
深〜い軒とともに、この街になじみそう。

何十年後かに、街のおじいちゃん達の公民館になっても、
しっくりきそうな、そんな佇まいになりそうです!


8598.jpg


と、

そんな訳で、
恒例の上棟式!

ちょっとニコブームの、帯で棟木を引っ張る昔ながらの儀式を
吉本君の掛け声で、みんなでやって、、、、


8599.jpg


あとは、みんなで飲むだけ!

8600.jpg



飲むだけです。(笑)
posted by 西久保毅人 at 20:02| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

野良猫の来る家

先日、杉並区で、河野さんのおうちの地鎮祭。

いよいよ着工です。


8590.jpg


地鎮祭に合わせて、今回工事をお願いする村上建築工房の村上さんが、
軸組模型(骨組みの模型)を作ってきてくれました!

その出し方が、またなんていうか、、、、。


「あの〜、、、、ボクも模型を作ってきたんだけど、、、、、出してもいいかなぁ、、。」



と、いつも控え目。


8591.jpg


もちろんですよー。

というか、

軸組の模型を、着工に合わせて毎回、
わざわざ作ってきてくれる工務店さんなんて、
ニコの長い歴史の中でも、
日本中、僕が、知ってる限りでも、村上さんしかいませんから!


超、感激です。


僕だったら、もっと、
うやうやしく、もったいぶって、さも自慢げに
出すところですよ!



僕たちが模型をつくる理由は、やっぱり、自分たちが設計したものが、
どういう姿になるのか、確認したいから。

それは、設計するものが、建築であろうと、看板であろうと、名刺であろうと、本やチラシであろうと同じコト。

そんな同じ気持ちで、大工さんと現場が進められるのは、
とても幸せなコトです。



8593.jpg


さて、河野さんち。

仕事場なども併用しているのですが、
何と言っても、家をつくる目的は、

「野良猫のやってくる家にしたい。」

というコト。


8592.jpg



大丈夫ですよ〜。
任せてください。

放っておいても、ニコのおうちは、
街の野良猫と子ども達には、大人気なおウチになりますからねーっ!




あっ、


あともれなく、酒飲みにも人気のおウチになりますけど、、、、、。ね。



完成が楽しみです!
posted by 西久保毅人 at 16:10| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

「私に、しっくり馴染む家。」

ザ・ハウスという建築のプロデュースの会社に
数年前から登録させていただいています。

昨年、お引き渡しをした加藤さんの家は、このザ・ハウスさんのご縁で
設計をご依頼頂いたのですが、
最近、ザ・ハウスのサイトに、加藤さんのおうちのご感想を載せていただきました!


8589.jpg

お会いした時に、

「どうですか〜?お引っ越しして。

 寒かったり、暑かったりしませんか?
 収納は足りましたか?」

 なんて具合に、ご入居後の感想を直接聞くコトは、よくあるんですが、

第三者的に聞かせていただくのは、、、、、そういえば実は滅多にありません。

なので、この記事は、僕にとっては、とっても新鮮なものでした。



8587.jpg


読んでみると、本当に「加藤さんぽい」語り口で、、、、、、

なんだか、加藤さんの顔が浮かびそう(笑)。


同時に、家づくりは、ほーんと時間がかかりますので、
その中での物語が、目に浮かびそうでとても嬉しかったです!


最後の、「建築家選びは、結婚相手を決めるようなもの」っていうくだりも、
とても加藤さんぽくて、ニヤニヤしてしまいます。。。。。


、、、、まさか、そんなに愛されていたとは、、、、。ははは。



相変わらず、愛情が重い〜(笑)。


8588.jpg


そんな訳で、久しぶりに、ザ・ハウスの僕のプロフィールに書かせていただいている
文章を読み返してみました。
変わらぬ僕の根っこだなぁ、、、と思うので、久しぶりに下に載せときますね!




洋服も、家も、似合うことが、いちばん素敵で、かっこいい事です。

ご家族の暮らしぶりや趣味や、価値観に似合う家。
街の景色の中に、ふっと馴染む家。
そして何より、ご飯の時間の楽しい家。

雨は雨で、晴れは晴れで、あたり前の出来事を楽しめる家。
そして忘れてはならないのは、家には大きな人間と小さな人間がいるという事。
大人と子供が近づいたり、離れたりできる家。

たくさんの色どりと、ざらざらした質感のある家。
ちゃんと古くなり、味わいのある家。
ちゃんと、薄暗い場所もある家。

ちゃんと植物や草が生える家。
ちゃんと、地面のある家。

なんだか、昔出会ったような、昔からあったような家。
そして、わくわく、ドキドキできる家。


子供たちが、出て行きたくなるような家。


いつか子供たちが、帰ってきたくなる家。






posted by 西久保毅人 at 18:32| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

工事中から、「家は食堂」

昨日は、麻生さんちの上棟式!


8584.jpg


たくさんの職人さんに来ていただき、明るい時間から日暮れまで、
家の骨組みを眺めながら、素敵な時間を過ごすコトができました。


「家は食堂」

これは、いつからか、僕たちの家づくりのキャッチフレーズになっている言葉です。

そういう意味では、
家づくりは、食べる場作りでもあります。。。。。。。飲み屋作りでもあります。(笑)


だからこそ、
完成する前の上棟式は、やっぱり欠かせません。


まだまだ何にもできていない木の空間の中で、
まだまだ外だか、中だか分からないような木の空間の中で、

ひとまず、家づくりに関わる皆で、
飲んで食べて。


建主も、設計者も、カントクさんも、大工さんも、大人も子供も。

テーブルを囲めば、
関係がないところがいいですよね。


8586.jpg


そうそう、実は


工事中から、「家は食堂」


なのです!
posted by 西久保毅人 at 14:55| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

ネコじゃらし

かれこれ7年前に完成した井上さんちに行ってきました!


8573.jpg

完成した頃が、こんな感じだったんですが、
この頃から、一切、新しく木を植えた訳ではないのです。

でも、小さな苗木がどんどん大きくなって、
とっても素敵なアプローチになっていました。

いやぁ、、、素晴らしいなぁ、、、。


8574.jpg

もはや、木のカーポートみたいです。
日頃から、最終的には、家よりも木が大きくなればいいなぁ、、、と思っているので、嬉しい限り。
あと10年たったら、どうなるんだろう、、、。


8575.jpg


中庭の紅葉も、小さかったんですけどね、、、
もはや大木。


8576.jpg

すごーく自然に、あるがままに住んで頂いていて、
嬉しい限りです。


8577.jpg


あるがまま、といえば、
そういえば、井上さんちには、ネコが2匹います。

8578.jpg


最近では、初めからネコがいる家も増えてきたんですが、
井上さんちの場合は、井上家に途中参加の2匹のネコ。

4年前のある雨の日、
トウキョウのど真ん中で、
捨てられていた2匹の子猫を、拾って帰ってきた井上さん。

「毛並みがいいから、きっと、飲み屋の高級ホステスさんに捨てられたに違いない。」

という2匹のネコは、
いまでは誰よりも、井上さんちを住みこなしている様子です。


8580.jpg


すいすいぱっぱと、柱を登っていくネコ達。

よく見ると、柱にヒモがぐるぐる巻きにしてあって、
そうすると、すいすいネコは、登るそうです。

なるほどねぇ〜。。

そういえば、12年前に設計させて頂いた泉水さんちでは、ネコのために、
柱に登る様な板をつけたんですが、

「いやぁー、登りませんよ。。。。。」

とのコトでした。

その時は、ネコの方が賢いから、

「人間の思い通りにいくものか」っていうコトなんだろうなぁ、、、って思ってたんですが。。。。。。



8579.jpg


なるほどなるほど。

勉強になりますねぇ、、、。



さてさて、それにしても、
いつうかがっても、
人間も、植物も、ネコも、入り混じって楽しく住んで頂いている井上さんのおうち。


素敵だなぁ、、、っていっつも思います!
posted by 西久保毅人 at 22:23| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

「なるほどーっ!」、というきっかけ。

いろんな設計をさせて頂いていると、

「これは、初めて作るなぁ、、、。」

っていうモノが毎回たくさんあります。


8570.jpg

だから、きっと表面的に見ていただく方々には、

「どんだけ発想力が豊かなんだろう、、、?」

って、僕たちのコトをかなり誤解されているらしいんですが、
本当は、そうではありません。

むしろ、

「考えるきっかけ」

というのをたくさん頂いているから、
新しいコトを考えるコトができている訳で、、、、。


それは、なんであれ、

「なるほどーっ!」

って感動をもって思えるかどうかなんじゃないかなぁ、、、って思ったりします。


8565.jpg


たとえば、先日完成した池田さんちのバスルーム。
これが、一番最初にご提案した時の、水回りのプランです。

そもそも、30坪くらいでそんなに大きなおうちではないので、
水回りに回せるスペースは限られています。


8564.jpg

だから、最初は普通に、洗面所を確保して、洗濯機をおいて、、、ってしてると
やっぱり一坪弱のこの程度のお風呂場しかできませんでした。

でも、まぁ、仕方ないよなぁ、、、、っていう感じのプランですねー。

まぁ、しょせん僕の脳みそなんて、始まりはいつもこの程度。。。。。



8566.jpg


でも、このプランをもとに、
よくよくお話を聞いてみると、、、、、

8571.jpg

ご家族共に、

「平日は、シャワーしか使わないのよね〜。」とのコト。


「でも、シャワーしか使わないのに、バスタブに泡とか付くのが、イチイチ気になるのよね〜。
 ほら、
 使わなくても、バスタブに湯垢とか付くじゃない?」とお母さん。




たしかにねぇ〜。
気にしたコトも、考えたコトもないけど、なるほどねぇ、、、ってなり、、、、


「でも、平日シャワーしか使わないからって、
 バスタブいらないくらいです、、、、っていう(大山さんちみたいな、、、)訳でもなくて、
 時々、入る時には、そりゃ優雅に入りたいんですよねー。」

っていうコトも分かりました。



8572.jpg


そんなコトを聞いていると、いちいち、

「なるほどーっ!」

って思う訳で、、、、。


「だったら、シャワーとお風呂、完全に分けちゃったら、どうですか?? こんな感じで、、、。」

という打ち合わせの中で、
出来上がったのが、このバスルームの出来上がるきっかけだったのです。


なので、普段、シャワーだけ使っている時は、
広めの洗面所に、バスタブがあるような雰囲気。

でも、週に一回くらいお風呂につかりたい時は、
その時だけは、洗面所が、バスルームになるっていうような日常のイメージです。
その程度だったら、思い切ってお風呂場に木も使いやすいですしね!



8567.jpg


あたらめて読み返しても、
何てコトのない、特に個性的でもないような、単なる日々の欲求の雑談みたいな
内容ですけど、
それに、素直に「なーるほどねぇ〜!」って思ったおかげで、
考えさせていただいたプランだったのです。


かなり、理にかなっているので、これまで考えてもおかしくないコトだったんですが、
初めてだったんだよなぁ、、、、、って思うと不思議ですよねぇ、、、。


最終的には、洗濯機も2階においた方が、干しに行きやすい、ってコトになって、
洗濯機がこのスペースからなくなったのも、実はポイントではあったんですけどね。


8569.jpg


ほんの一例ではありますが、
こんなやり取りの中での

「なるほどーっ!」

が、
いろんな初めてを作る、僕にとっての唯一のきっかけです。


でも、初めてだけど、いろんな人の生活にとって、

「たしかにーっ!」

って思える新しいふつうの発見に繋がっていくと嬉しいなー、といつも思います。


でもご家族ごとに、その「なるほどーっ!」はいろいろ。





きっとこういうのを、

「他人のふんどしで、相撲を取る。」


というのでしょうねー(笑)。


そういう意味では、強敵ぞろいで嬉しい限り、、、、、、なのです。
posted by 西久保毅人 at 20:59| 2018.5月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする