2016年09月24日

超、特集!

打ち合わせも、仕上げ段階に進む頃、、、、。

「、、、、で、どこを和紙張りにましょうか??」

と、僕らにゴリ押しされて、知らず知らずのうちに、
京都から職人さんがやってきて、
和紙張りの部屋になってた、、、、という被害者の方も多い今日この頃。。。。

こんな人や、
こんな人や、
こんな人や、
こんな人、、、。

7220.jpg

そう、
そのもうニコではおなじみの京都のハタノワタルさんが、
現在発売中の、婦人画報にて、
なーんと、12ページにワタリ、特集されています!!!


7221.jpg

紙面を見ると、ほーんとすごい特集記事で、

情熱大陸の曲が流れてきそうな、密着記事と、素敵な写真。

すごいなぁ、、、、、。


ちょうど、去年の春に、京都まで押しかけて行ったのが懐かしいです。

7222.jpg

しかも、タチの悪いセールスマンのように、
いつものように知ったかぶりして、
僕が中途半端にハタノさんの和紙のを説明するよりも、
よっぽど分かりやすい記事なので、
皆さんに手にとって見ていただきたいなぁ、、、、、

っていう、気持ち半分、、、、。


でも、あんまりにも有名になりすぎちゃうと、
忙しくなりすぎて、
もうニコのおうちに貼ってもらえなくなるかも知れないので、
教えたくないの、、、、、も正直半分、、、。



うーーーん、悩む、、、。

7223.jpg


という訳で、
本屋さんで立ち読みする際には、
開く前に、周りに見られていないか、
尾行は付いていないか、、、、、など、慎重に周囲を確認後、

こそーーっと、開いてくださいね!




こそーーーーっと。
posted by 西久保毅人 at 19:49| 2016.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

「地」をつくる、というコト

先週末、7月にお引き渡しをした島岡さんのおうち
伺ってきました。


7193.jpg

、、、、飲みに。

7211.jpg


まだ2ヶ月しか経ってないのに、
いろんな島岡さんのモノが並べられて、

もうすっかり

「島岡さんち」

7210.jpg

どのおうちもそうですけど、
島岡さんち
すっからかんのオープンハウスの時よりも、
圧倒的にいい感じです。

7208.jpg

こればっかりは、僕らがどう頑張ってもできないことだよなぁ、、、。
って、欲深い僕は思ってしまうんですけど、
そういう意味で、僕たちは、その人たちの暮らしの 「地」 を作る仕事なのだな、
と改めて思う瞬間でもあります。

7199.jpg


よく仕事をご一緒する和紙のハタノさんなんかも、
和紙職人とか、和紙作家とか、言われるけれど、
僕が一番すばらしいな、って思うのは、
彼も、うつわや、アートや生活の道具の置かれる「地」を
徹底的に作る職人だからなんです。


7226.jpg

7225.jpg



だから、僕の仕事も、ハタノさんの仕事も、
引き渡しの瞬間、っていうのは、
仕事を終える瞬間ではあるけれど、
それが、僕たちが目指している世界の「ゴール」ではない。

7209.jpg


その先が見たい。

その欲求が、僕らの仕事の一番のガソリンでもあります。

7204.jpg

まだ目に見えない
そこに持ち込まれる家具や、お皿や、時計や、、、、数々の
そのご家族らしい道具たち。

そして、作られる食事や、差し込む光や、風やにおい。

はっぱの音。

7200.jpg

そして一番は、ご家族や子供達の笑顔や、しぐさや、家でくつろぐ格好や、、、。

7201.jpg

そんな全てが持ち込まれて初めて、僕らの仕事は、「家」になります。

持ち込まれ、そこで起こるであろう、ありとあらゆるモノやコトが、
この空間に似合うだろうか?

その人たちの普段着になるだろうか?

そして、より生き生きとした暮らしの「地」になっていけるだろうか?

時には、ハレの場になるだろうか?

7203.jpg


そんな全てが、
その人たちの暮らしに「似合うこと」


7205.jpg

それはもうね、、、。

想像するしかないんですけど、
一生懸命想像するしかないんですけど、

で、想像した結果、島岡さんにも、もう聞かずに決めちゃったコトも
たーーくさんあって、
そういうのって、確信を持った一か八かでもあるんですけど、、、、、。


ぜーんぶ気に入っていただいて、
とても嬉しかったです!

ほっ。

7206.jpg

とまぁ、そんな訳で、大変美味しいお酒の飲めた夜でした!


、、、、くつろぎすぎて、
久々に人の家で寝ちゃったニシクボでしたが、、、。(笑)



島岡さん、ご馳走様でした!
また行きまーす。
posted by 西久保毅人 at 20:50| 2016.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

キョリ感

週末、福岡佐賀に行ってきました。

最近、遠方のお問い合わせも多いのですが、
その中でも、九州って、トウキョウからはキョリは遠い訳ですが、
なーんか遠い感じがしないんですよね〜。

特に福岡は、空港が街中にある、っていうのが、とても
大きいんだと思いますし、何より佐賀に近いですし、
なんか、週末実家に「帰ってる。」っていう感じです。

7192.jpg

とはいえ、18歳からトウキョウで暮している僕にとっては、
高校時代に、ちょこっと遊びに行く程度の知識しかなくて、
高校生だから、飲みに行く訳でもなかったですので、
実は、ほぼ、未知の町でもありますけどね。

未知なんだけど、なんか懐かしいなぁ、、、っていう町です。

とても都会なんだけど、コンパクトで可愛い都市、って感じでしょうかね。

だけど、いっくら都会っていっても、
福岡の人は、きっと一軒家に住んでいる人の方が多いんだろうなぁ、、、、って
思ってたんですけどね、

「ニシクボさん、知ってます?
福岡市って、全国でも屈指のマンション普及率なんですよー、
だから、戸建ての仕事も割と少ないんです、、、。」

って、福岡の工務店さんから聞いた時は、ビックリしました!

そういう目で見ると、、、、、たしかにマンション多いなぁ、、、、。

大抵、セミの穴探して歩いてる僕は、こういう風に言われないと、
街を見上げないんですけど、見上げてみると確かに多かったですねー、マンション。



7189.jpg

と、そんな街の静かな川沿いの場所に、
のんびりと景色を楽しめるおうちを提案させていただきました。

7190.jpg

まだまだこれからも、いろいろ変わっていくとは思いますが、
楽しいおうちになるといいなー。

そして、佐賀の江頭さんちも、、、、、、。

そろそろ、考え始めないとそのうち、怒られるな、、、、、(汗)

7191.jpg

、、、って思ってトウキョウに戻ってきたら、
鹿児島の窪田さんからお手紙が来てました!

窪田さんちは、ちっちゃなお店を併設する予定なんですけど、

お手紙の中に、

「三 ◯ 食 堂」(ミオ食堂)の文字が!!!

えっ、いつお店の名前決まったんでしたっけ〜??
って思いつつ、
めちゃくちゃ可愛い名前じゃないですか〜!

って思いました。
もう、看板が目に浮かびます、、、。


三 ◯ 食 堂 、必ず実現しましょうね〜。


そうそう久しぶりに竹安さんちも行きたいし、
曽根さんちも行きたい。


みーんな数字の距離は遠いんだけど、
なんか、出会った時からキョリ感を感じないのが不思議。。。



キョリ感て、、、、、一体何なんでしょうね???
posted by 西久保毅人 at 20:51| 2016.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

はじめまして、かんべえです。

前略、はじめましてかんべえです。

正式には、三輪かんべえ

7176.jpg

毎度おなじみの三輪家の長男でございます。

世間では、遅くにできた子供ほど可愛いと申しますが、
父の私に対する溺愛ぶりといったら、もう、、、、、。


、、、、、、、、ちょっとウザいくらいです。(笑)


、、、、もう、、愛ってなんでしょうね、、、。
そんなコトを考える今日この頃。、、、、、まぁ、私、生後3ヶ月なんですけどね、、、。

7177.jpg

はは。
うっかり愛について語るところでしたが、
そうそう、先日、父が自宅に友人を招いてビアパーティを開催しました。

姉たちに聞くところによると、
父はいたくこの家を気に入っているらしく、

桜が咲いたら飲み会だ、
梅の実がなったら、飲み会だ、
夏になったら飲み会だ、、、、

と、何かにつけて家に人を招きたがるらしいのです。

7179.jpg

まぁ、ようは、、、、、見せびらかしたいそうなのです。


おまけに今回は、わたくし、かんべいのコトも、
どうやら見せびらかしたいらしくてですね、、、、。

7188.jpg

見てください。もう、この父のドヤ顔、、、。

7178.jpg

と、そんな訳で、
大勢の見知らぬ方々が、週末の自宅に集まりました。


7180.jpg

子の心、親知らず、とは言ったもので、
まぁ、そういう親の元産まれたコトは仕方ないにしても、
私、どちらかというと人見知りな方でして、
あまりこういう場は好みません。

7182.jpg

ですので、こっそりと一人、
地下にあるベッドの上で、のんびりと昼寝をしていたのですけど、
やはり時折、かんべいはどこだ、かんべいはどこだ、、、、と
入れ替わり立ち代り、見知らぬ大人が降りてきては、私を撫で回しにきてですね、
うかうかと昼寝もできない1日。

7184.jpg

ですので、途中で寝るのもあきらめて、
人間観察してみるコトにしました。

7185.jpg

見ているとどうも、2種類の客がいるようで、
一方は父の仕事の仲間。もう一方は、ニコさんニコさん、と呼ばれているグループです。

7183.jpg

その中のウシちゃん、と呼ばれる女性に聞いたところ、
ニコさん達は、この家を設計してくれた人たちだそうで、
今日は、ニコさんの新しいお客さん達も家を見に呼んでいるのよ、
とのコトでした。

なるほどね、、、。
そ、そうと聞いたら、私も一肌脱がない訳にもいきません、、よね。

ふつふつと体の奥がうずいてきます、、、。

7181.jpg

、、、とこんな風に、つい気が大きくなってしまうところが、
やはり父譲りの血でしょうか?

こんな空間の使い方も意外と悪くないのよ、、
とついついマニアックなお気に入りの場所を公開、、、。

なんというコトでしょう!
ちょーどこの段差、
手が舐めやすいのです。。。素晴らしい設計!!

と、完全に血筋ですね、、、、。

後半はもう、私も気持ちよくなっちゃって、
次回までには、小唄の一つでも歌えるようにしとこうかしら、、、、。

そんなコトを嬉しそうな父の姿を見ながら思ってしまいました。


さてさて、すっかりご挨拶が長くなってしまいましたね。

ニコ設計室の杉並営業部長(自称)の父を微力ながら
サポートしていきたいと思いますので、
皆様、今後ともよろしくお願いします。


かんべえ。

7186.jpg

以上、
三輪かんべいによる恒例のビアフェスタとニコの縁日レポートでした!


完成後、かれこれ4年目なんですが、時間がたってもいつまでも
設計の最初のエピソードから、しっかりとプレゼンしてくれる三輪さん。

僕のダメダメ話から、ほーんと、何から何までよく覚えてるな〜って思いつつ、、、(汗)
耳がいたい痛い、、、と思いつつ、、、、。

ここまで気に入って住んでいただけると、
ほーんと嬉しいですね〜。
もう設計者冥利につきます。

さて次回はいつでしょうかね〜。

三輪さん、たくさんごちそうさまでしたー!!!
今後ともよろしくお願いしまーす。
posted by 西久保毅人 at 23:12| 2016.9月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

中年のすべて  〜若者少々。

先日、台風前の夕方。

調布の小川さんちに、お呼ばれして行ってきました!

7168.jpg

なーんとその日は、調布の花火大会の日!

屋根に上ると、見事に花火が見えました。

皆でビール片手に屋根に登って、
しばし、花火鑑賞。

ごろんと寝転がれる屋根の勾配といい、、、、まぁ、なんという素晴らしい設計。。。


7173.jpg

「屋根に登る時、雨樋、踏まないように気をつけてねー!

 、、、、ほら、そこ足かけるトコじゃないから!! 

 雨樋だから! トイっ!!トイっ!!」

って気が気じゃない小川さん

ははは。

7171.jpg



〜〜 街灯 の明かりがまた
   ひとつ、ついて 帰りを急ぐよー。



   途切ーれた 夢の続きを
   とり戻し〜たく なーってー。 〜〜




7172.jpg




7175.jpg

そーんな歌が流れてきそうな、
台風前夜。夕暮れ、花火、八王子。

小川さん、お誘いありがとうございました。
posted by 西久保毅人 at 19:06| 2016.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

初孫

はいこんばんは!


初孫、、、、といっても、日本酒じゃありませんよ。。。。
僕もお酒ばっかり飲んでる訳ではありません。


仕事柄、、、でしょうか?

ホントに世の中、少子化、、、、?

って思うくらい、僕らの周りには赤ちゃんや子供たちが、いつもたくさんいます。

だから大抵、打ち合わせやオープンハウスには
大勢の子供たちがいるので、ニコのスタッフは皆、若くして小さな子供の扱いに
強制的に慣れていくわけなんですが、、、、。



そういう職場環境の、最終形でしょうか?

こないだ、ウシが

「ニコでベビーシッター業やりましょうよ〜。」

っていう、もう、もはや設計事務所の新規事業とは思えないような、
事業提案、、、。

セッケイジムショなんだから、他にもほら、
少しは工事できるようになりたいとか、見積もりできるようになりたいとか、
メンテナンスをできるようにしたいとか、、、、。

「らしい」コトは、たくさんあるだろうにねぇ、、、。



と、
思いつつ、キクちゃんもノリノリで、、、、。(汗)
困ったものです。。。。


でも、確かにそれは一番僕ら「らしい」かもねー。


そんなコトができたら、、、、と思うと、たくさんの妄想が広がります。
「一人」を数時間、預かるところから始まって、
それがいつか、もしかしたら保育所や幼稚園や、寺小屋や、学校になるかも知れません。
そしたら給食室や、食堂も必要ですね。

そういう設計の仕事が来るのを待つよりも、
始めた方が案外、早いのかも知れませんしねっ。。。。

と、そんな訳で、
「どうしたら始められるだろうね、、、?」

「とりあえず、お施主さんの赤ちゃん預かるトコから始めるといいかもね!小川さんちとか、、。」

「まぁ、、、、、いざとなればニシクボさんいるから、大丈夫なんじゃん?」

っていう、超テキトーな企画会議の今日この頃。。。。


そんな訳ですので、
僕らのまわりには
子供はたくさんいるんですけどね、、、、、。

実は、、、、。

先日、待望の、ニコの初孫が誕生したのです!!!




じゃーーーんっ。

7165.jpg


もう、かれこれ10年以上前におうちを設計をさせていただ当時、
まだ高校生だったなっちゃんが、今ではお母さん!!!


先日、さっそく「初孫」を抱っこしに行ってきました。
いやぁ、、、時の経つのは早いですね〜。


そして僕もまさか43歳にして、おじいちゃんになるとは、、、、、。

7167.jpg


そして、
この調子でいくと、そのうちに、
ひいじいちゃんくらいには、なれそうだよなぁ、、、、


と、欲深い僕は、次は、ニコのひ孫の誕生が楽しみな、今日この頃でした!!!!


なっちゃん、ほーんとおめでとうねっ!!!!

若いおじいちゃんより。
posted by 西久保毅人 at 19:46| 2016.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

デビュー??

さて、全国のホソダタカユキファンの皆様に朗報です!

7147.jpg


今月の新建築住宅特集9月号に、
春に完成しました「中道さんの家」を掲載していただいたのですが、

7148.jpg

メインカットの中庭の写真の中心に、
ニコの専属モデルで副業で設計もする細田くんが
堂々と誌面デビュー!!

この日のために新調したであろう、ホワートジーンズに花柄のシャツが、
より一層、中道さんの家の魅力を引き立てていますので、
ファンの方は、切り抜いて持ち歩き用と、保存用、
2冊購入されるのをお勧めしますよ〜!


7150.jpg

7149.jpg

さて、、、、、、。

7163.jpg


という訳で、今月の住宅特集という専門誌の、「職住一致」特集
にて、中道さんの家を掲載していただきました。

7152.jpg

専門誌なので、僕が解説や設計趣旨を書く訳ですが、
下の文章は、
ページの都合上、このまんまの掲載には至らなかったもの。

でも、好きな文章。

せっかくなので、ここに載せておきます。


7153.jpg

街になる建築


「このなかでいちばんえらくなくて、ばかで、めちゃくちゃで、てんでなってなくって、
 あたまのつぶれたようなやつが、いちばんえらいのだ。」
                            宮沢賢治 どんぐりと山猫


鎌倉市材木座に計画した店舗併用住宅である。
この地で10年以上美容室を続けてきた中道さんが、自宅と美容室を併設すると同時に、
せっかくならエステや貸店舗も併設して、自分たちだけの場所ではなく、
街の人たちが気軽に立寄れる場所にしたい、というのが、このプロジェクトの概要だ。 


7154.jpg

時折、中道さん家族とこの街を散歩したのだが、
ふざけながらも出会う人それぞれに誠実で、
職を超えて家族ぐるみでこの街に根付くのだ、という決意みたいなものを、
僕はその姿からひしひしと感じた。
職住一致で街に根を張る、というのは、こういう事なんだなぁ、、、。

そう、中道さんは、この街と繋がろうとしているのだ。



7155.jpg

7156.jpg

同時に、同じ場所でお客さんを待ち続ける美容師を生業とする場合の
職住一致はどうあるべきなんだろうか?とも考えていた。

「、、、手に残る残像を消すために、お客様の変わり目には必ず外に出るんです。」

と中道さん。場所からは逃れられないとしても、そんなちょこっとした時間の隙間に、

「ああ、この街に生きているのだ。」と感じられたら。

移ろう空や光。風や道や雨のにおい。
通り過ぎる子供達。

一歩踏み出すだけで、
街に迷い込んだように気持ちをリセットできるような場所になるといいなと思った。


7160.jpg

この建築は、周囲に残る里道のような路地を、敷地の中に引き込む事を中心に展開している。
1階中央に「中道」という名の小道をつくり、
2階までのアプローチや内部空間を含めて立体的な路地空間のように体験が街に染み込むように、
さらには佇まいも周囲の屋根並みと呼応するような小さな屋根の集合体としている。
見るからに店舗と住宅が分節してしまう佇まいを避けているのと同時に、
店舗と住居が、時間の経過の中、
空間単位で侵食し合えるような許容のある

「すがたかたち」

を目指した。



7159.jpg

7158.jpg

そうそう実は、この原稿を書いている今も、この住宅は動き続けている。

「新たにこの場所に参加したいという仲間ができたので、
ガレージも店舗に改装しようかと思うんですけど、、、。」

、先日こんな連絡が入った。


ここはすでに生きている場所なのだ。


7161.jpg



7162.jpg

「街のように」を目指した建築が、
周囲の屋根並みに滲むように「街」になろうとしている。



7157.jpg


敷地境界線を超えて、街とともに生きはじめている。



6043.jpg



以上、西久保毅人
posted by 西久保毅人 at 18:13| 2016.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

取材のような、、、、。

お盆休み前のお天気の日、
春にお引き渡しをしました「大山さんの家」の住宅雑誌の取材がありました。


7138.jpg


取材、、、、??


7140.jpg

住宅雑誌の取材、、、、??

7141.jpg

どーーーみても、飲む気マンマンですよね、、、、。

7139.jpg

、、、、、と、
そんな訳で、ニコで取材、っていうのは、
たいがい飲み会のコト。

取材の方も半分呆れながらも、

「、、、どうせ当日宴会でしょ?」

と最近は、楽しみにしていただくようになり(??)
ニコのおうちの掲載される雑誌の紙面は、
空間よりも、「食材」の写真の方が多くなりつつある今日この頃です!(笑)


はは、

でも、どう見ても、カメラマンさん、
空間撮る時より、生き生きしてるんですけどね〜。

7142.jpg

家ってなんだろう??

一つ一つお仕事を頂くたびに、
呪文のように反芻しているんですけど、

僕は、「家は、食堂」であって欲しいなーって思います。

7143.jpg

そして、家は、家族の「基地」であったらいいなーって思います。

7144.jpg

しっかりと守られた空間で、
でも、しっかりと街とつながっていて、

7145.jpg

たらふく食べて、飲んで、ひっそりと体を休めて。

朝になったら、しゅっぱーつ。

7146.jpg

大きすぎず、小さすぎず、
家族の大きさにフィットした空間。

繰り返す日常の中、
雨が降ったり、風が吹いたり、嵐が来たり。。。。
思いもよらない出来事もたくさんありますが、

でもそんな帰る場所があれば、大抵のコトは大丈夫だと思うんだよなぁ、、、、。




、、、、とそんなコトを感じて頂きたくて、
僕らの取材は、大抵、宴会。


意外と真面目な想いの、、、、、、、、、宴会なのです!!!(笑)


そして僕はというと、リンタロのバスケも終わっちゃったので、
今後は、シズル感たっぷりを目指して
フードカメラマン修行をしようかな〜、と
模索中。大山さん専属の。。。

しかし食べ物を美味しそうに撮るのは、ほーんと難しいですねー。


大山さん、たくさんご馳走様でした!
胃袋のスペアが欲しいです、、、、、。(笑)
posted by 西久保毅人 at 20:41| 2016.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

島岡さんの家のオープンハウス

こんにちは、西久保です。

ついつい、オープンハウスやお引き渡しの後って、
ブログを放って置いてしまうんですよね〜。。。。


7077.jpg

なんていうか、
リンタロのバスケの最終戦の後のような気分っていうか、、、、

書いたら終わっちゃうじゃん、、、っていうような。。。。

7080.jpg

、、、、、、ただ膨大な写真をまとめるのが面倒くさい、
っていう言い方もありますけどね、、、、(笑)

そんな訳で、、、、。
日曜日は「島岡さんのおうち」のオープンハウスでした!

お天気は、、、、、?っていうと、それがもう、ほーんと不思議な1日。

7079.jpg

真夏の日差しが照りつけるかと思うと、
突然スコールのような雨が降り、
また晴れたかと思うと、ザザーっと雨が降り、、、、、。



7078.jpg

この日、1日で、何度晴れたり雨が降ったりしたんだろう、、、
っていうような、1日で、何日分ものお天気を楽しめたような1日。

雨のたんびに、竹林を通った涼しい風が家の中に流れ込んできて、
なんだか、教科書に載ってる環境実験をしているような、そんな気分もしましたが、
とにかく、いろんな移り変わりのすべてが、とっても気持ちいい1日でした。

7123.jpg

7081.jpg

完成が近づくと、
お会いした最初からの資料をいつも見返すんですが、
島岡さんご夫婦とお会いしたのは、およそ2年くらい前。

7082.jpg

ご夫婦、って書きましたが、
最初は、そういえばご結婚前で、ご夫婦ですらなかったなぁ、、、、
なんて、苗字が違う頃の初々しいメールなんかもあって、、、、、

墓穴掘りましたね、、。
、、、、、そうですね、、、、よっぽど僕たちの仕事が遅いんですよね、、、。

7083.jpg



そういう意味では、家づくりもそうですが、
いろんな始まりや未来のお話が、島岡さんの家づくりにはありました。

だから、
シキチは割と大きいのに、
家族としては、まだまだちっちゃい。

7084.jpg

そうそう、今はまだちっちゃな家族のための、少し大きめのおうちです。

7085.jpg

7086.jpg

そういう意味では、
最初にシキチを見させていただいた時も、似たようなコトを感じたなぁ、、、。

裏に竹林の公園があったりするコトは、とても魅力的なんですが、
大通りが近かったり、横が広い駐車場だったり、、、、と
ちょうど商業地域と、住宅地のつなぎ目にあるシキチですから、
なんていうか、街のスケール感が、大きいんですよね。

住宅地のスケールと比べると。


7126.jpg

だから、ともすると、とてもちっちゃな暮らしが、大きな周囲の視線にさらされてしまうような
そんな場所でした。


7087.jpg

かといって、閉じすぎたくもないなぁ、、、、、。

7132.jpg

7088.jpg

7089.jpg

ほどよく周囲の視線を気にせずに、
ダイナミックに竹林に出会うような、、、、
そんなおうちができないものか、、、、。

7090.jpg

そんなコトをうにうに考えさせていただいたので、

結果的に

「何角形??」

って、一言で言えないような、そんなお家になったのです。

7091.jpg


7092.jpg

そうそう、よく島岡さんたち、口をそろえて、

「、、、、、私たち、

マシューズさんや、中道さんや、、、、ニコの他のお客さんと比べて
施主力なさそうなんですけど、、、、、大丈夫ですかね、、、、。。。」

7093.jpg

って、おっしゃってたんですけどね、、、。


7094.jpg

もー。

何をおっしゃる、レオナちゃん。


7096.jpg

7136.jpg

7095.jpg

僕らにとっては、
島岡さんたちも、かなり「ゆかいなご夫婦」ですよ。

そもそも、そうじゃなかったら、こんなおうちになりませんし、、、。

7133.jpg

そういう意味では、
ぼくらの計画性のあるんだか、ないんだか、、、、、っていう、

信ぴょう性のまったくない
よくわからない提案を、次々に面白がっていただけるだけでも、
それはそれは、すごい施主力だと僕らは思っています。


7097.jpg

7134.jpg

ほーんと、そんな島岡さんたちに引っ張られて
できたような、、、、そんなおうち。

島岡さんのツボノートも、
僕たちのお気に入りのひとつです!

7098.jpg

7099.jpg

でも、そういうコトと同時にですね、、、、、

7100.jpg


子供たちを連れて遊びに来てくれた山崎さんが


「、、、うーん、

このおうちを褒めれば褒めるほど、
じぶんちを自慢しているような気がして、なんだか変な感じなんですけどね、、、。」

って、おっしゃっていたのが、とても面白くて。

7127.jpg

他にも、今までのニコのおうちに住んでいただいているご家族も
たくさん来ていただいたんですが、
きっとみなさん、どこか同じように、
他人の家なんだけど、じぶんちのような、、、、、
そんな気分だったのかなぁ、、、、、っても思いました。

7128.jpg

7101.jpg

7137.jpg

もちろん、立地も、大きさも、要望も、家族構成も、、、、
条件は、ぜーんぶ違うんですけど、
きっと何かが繋がっているんでしょうね。

7102.jpg

7103.jpg

7104.jpg

そういうのが、嬉しくもありつつ、、、、

7105.jpg

僕、コジン的には、
ぜーんぶの家を違う風に設計しているつもりですし、、、

どんな球にもバットを合わせられるくらいに、

さらには、野球か、サッカーかバスケか、、、っていう
どんな競技にも対応できるくらいの、日々のトレーニングと、
芸風の広さがウリのつもりでいたんですけど、、、、、、。

7106.jpg


7135.jpg

そんな意見を聞くと、

、、、、、、意外とジブン、芸風狭いかも、、、、、(涙)

と、そんなコトをですね、、、、

みなさんの感想から、感じる訳です、、、、。

7107.jpg

常に進化しつつける43歳のつもりなんですけどね〜。。。。

7108.jpg

7129.jpg


7124.jpg


さて、最初に書きましたが、
やっぱり完成やお引き渡しは、
僕たちにとっては、ひとつの節目です。

7109.jpg

でも、それは終わりじゃなくって、
いよいよ始まる、っていうコトでもあります。

7110.jpg

これから島岡さんご夫婦がお引越しをして、
そのうち家族も増えて、
親戚やお友達が遊びに来て。

、、、、僕らが呑んだくれて、、、。

7111.jpg

と、いろ〜んなコトがこれから始まります。

7112.jpg

そして、そのうち、
完成前から
近所で話題のパン屋さんも、オープンするでしょう。。。。。

7113.jpg


7114.jpg

そうそう、
最近、特に思うのは、
新しいコトを始めるのは、とてもエネルギーがいるコトですが、
自分たちの力だけで始める、全部やる、、、
って思いすぎないほうがいいんじゃないか、
ってコト。

7115.jpg

いーんな人たちの力を少しづつ借りてみる。

7116.jpg

いろーんな人たちに相談してみる。

7117.jpg

そしたら、ワンピースみたいに、
少しつづ仲間が増えていって、
一人では難しいコトも、みんなでなら、可能なんじゃないかなーと。

7131.jpg



7130.jpg

もちろん僕は大したコト、できませんけど、
ニコの周りにいる人たち、
力を持て余している人、
何かしたい人、
隠れてるけど、すご腕の人、
動かないけど、口は出す人、、、
たーくさんいますよ。

それだけが、他人よがりな僕の自慢。。。。

7118.jpg

7119.jpg


ほーんと、ニコの周りには、

もったいないくらいに
素敵なご家族や仲間がたくさんいらっしゃいます。

7120.jpg

だから、いつか、
みーんなの力を少ーしづつ合わせて、
素敵なお店や、場所や、、、、とにかく楽しいコト、
よく分からないけど、ハッピーな未来、

実現しましょうねー、島岡さん。

7121.jpg


そう、
ラッキーで、ハッピーな、、、、

7122.jpg

ラッピーの始まりです!

まさに、島岡さんちの家づくりが、そうだったように、ですねっ!!!


島岡さん、どうもありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願いしまーーす!!!!
posted by 西久保毅人 at 19:22| 2016.8月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

ぽっかりタイム

さて今週末は、島岡さんの家のオープンハウス。

天候にもかなり一喜一憂しつつも、
無事、日曜日を迎えられそうです。

7075.jpg

ご存知の通り、
工事が順調、、、、って、
ニコでは滅多にないのですけど、、、、、

今回は、工務店の内田産業さんの頑張りに助けられ、
ほーんのちょこっとですけど、ゆとりのある現場。


7071.jpg

屋外でのものづくりなので、
いっつも現場は、どこかバタバタ、ピリピリしているもの。
僕たちと工務店さんの関係だって、
どこか、いつも「いざ勝負っ」っていう関係です。

「負けてなるものかっ」

そう、現場はある意味、戦いなのです。

7068.jpg

でも、終盤のほーんのつかの間、
現場に、「ぽっっかりタイム」が訪れます。

ちょうど今日はそんなぽっかりタイム。

監督さん、職人さんたちが、
なんだかとてもリラックスして、休憩されていました。

工事全体の長さからしたら、もう、ほーーーんの
つかの間なんですけど、
こういう時間、こういう風景。

僕はとてもいいなーーっ、って思います。


7066.jpg

もちろん、工事するのが仕事ではあるんですけど、
なんていうか、自分たちが作り上げた場所で、
のんびりと過ごしていただくコト。


なんていうか、
監督とか、大工とか、電気屋とか、設計者とか、、、、、
そういう仕切りがなくなる瞬間。


7069.jpg


そういう時間があるから、
また次回、お互いに堂々と「勝負」できるんだと思うのです。


7076.jpg


さてさて、、、、。

そんなぽっかりタイムを堪能して事務所に戻っていたら、、、、、。

「、、、なんか、今から象設計集団の富田玲子さんが見に行くって、電話ありましたよっ!!!」

と、キクちゃんからあわてて電話。

「、、、、、ん?」

7067.jpg

あの、、、、オープンハウス、日曜日なんですけどー。。。。。

そして、まだ、、、あの、、、、
大体出来てはいますけど、、、、
お見せするには、まだ若干、現場感があるんですけど、、、、。


って、思ったんですけどね、、、、(汗)
いらっしゃるってコトは、もういらっしゃるんでしょう。


もう、、、、この抜き打ち感、、、。突然感、、、、。


「どこかの、、、、誰かみたーい。(笑)」


と、思いつつも、現場に逆戻りして、
富田さんと、当時の象のパースの数々を描かれてきた嶋田和子さんをご案内しました。

うーん、もう緊張。。。。
しかし、43歳にして、抜き打ち検査を受けるとは、、、、、、。

っていうか、もうちょい、きちんとご案内するつもりだったのにー、って思いつつ、
しかし、これが勝負ってものだよなー、っても思いつつ。。。。




でも、日曜日は行けないからと、隙間の時間に気にかけていただいて、
ほーんと、嬉しかったです。

7074.jpg


22歳の時、
富田さんの作った建築と出会って、
こんな仕事をしたい、って初めて思えたたんだよなぁ、、、。

出会ってなかったら、きっと別の仕事してただろうな。。。。


、、、、と、そんな訳で、
会いたくて、久々に、飛んで行きました。(笑)

43歳、まだまだ飛んでいけるものですねっ!!!

7050.jpg


とまぁ、終わってしまえば
忙しい毎日の中、なんだか
感慨深く、
ぽっかりと不思議今日の1日。


さて、日曜日、楽しみです。
posted by 西久保毅人 at 21:51| 2016.7月の気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする